NEWS

米特殊作戦軍 SOCOM、ジャングル・ユニフォーム用新素材を求める

海外軍事 Comments(0)
米国連邦事業機会 (FBO : Federal Business Opportunities) のウェブサイトに、PM-SOF SSES (Program Manager-Special Operations Forces Survival, Support & Equipment Systems) がジャングル・ユニフォーム発展と評価資材のために広く情報提供を求めている旨が記載された。

ジャングルなど熱帯地帯に特有の暑く湿った気候で使用するための候補材料 (生地) を選定するため、市場調査を行っており、今回のアナウンスもその一環のようだ。

新素材として求められている項目は、速乾性、通気性、耐磨耗、放熱性、近赤外線 (NIR : Near Infra Red) 性能、利用可能なプリントパターン、耐久性、光と汗への変色しないこと、昆虫抵抗性能、UV 保護、などが挙げられている。

フィールドテストでは、湿気管理、快適さ、昆虫対策、NIR などのサイン管理を重点に、環境が異なる各地熱帯ジャングルで行われる模様。

FBO 2014/07/18
File Photo : Okinawa Jungle.
Image is for illustration purposes only.
Text : I.Yugeshima - 004


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop