NEWS

ロシア連邦軍参謀本部情報総局の特殊部隊、ウクライナで暗躍か

海外軍事 Comments(0)
ロシア連邦軍参謀本部情報総局 (GRU) の特殊部隊 (スペツナズ) の隊員が、画像共有サービス Instagram で、自身と同僚がウクライナ軍との戦いに参加したことを示す投稿をしたという。米国のニュース・サイト『Business Insider』が 8 月 28 日報じた。

この投稿は 7 月 21 日に行われたもので、ロシア語で「我々はすでに入った。バンデーラなんてくそ食らえ」というコメントと共に、この隊員がロシアとウクライナの国境検問所を通過する際の写真がアップされている。バンデーラとは、ウクライナ民族解放運動の指導者だったステパーン・バンデーラのことで、ウクライナの一部勢力から英雄視されている人物だ。

そして彼のフォロワーのひとりが「休日の旅行? それとも仕事 ?」と尋ねたところ、彼は「もちろん仕事 !」と、銃の絵文字と共に返信した。他にも、位置情報に「DNR」 (ドネツク人民共和国) と付けた投稿や、身分証の写真などもアップしている。

また、ナイフとマカロフを持つ、自身と同僚を写した写真も投稿した際には、いくつかのハッシュタグと共にこうコメントした。「#polite people #spetsnaz #GRU #16OBrSpN #370ooSpN ……今行くぞ」。

こうしたことから推測されるのは、彼がロシア軍として、また作戦の一環としてウクライナに入ったということだ。また、ハッシュタグの #16OBrSpN は西部軍管区に属する GRU の特殊部隊の第 16 スペツナズ隊 (16 OBr SpN) を表し、#370ooSpN はその隷下にある第 370 分遣隊 (370 OO SpN) を示していると思われる。

現在のウクライナ情勢をめぐるロシアとウクライナの対立において、ロシアは公式には「ロシア軍はどの時点でもウクライナ国境を越えていない」と述べている。だが、この一連の投稿は、GRU スペツナズがウクライナで活動していることを示唆すると共に、ロシア政府がウクライナで暗躍し、多くの隠密作戦やおよび違法行為を働いていることを意味しているかもしれない。

Business Insider (Military & Defense) 2014/08/28
Image: goreliy370 at Instagram
Text : 鳥嶋真也 - FM201409


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ロシア中央精密機械建造研究所が『マカロフピストル』の後継候補を開発。軍供給の可否は12月以降に決定
アフリカ・ガーナ大統領が陸軍用にトヨタ製ランドクルーザー×135輌の購入を発表
インド州政府がトヨタ製「ランクル」など400輌超購入を承認。州首相・閣僚・議員・官僚へ支給
ドイツ警察のSIG MCX用弾薬に有害な「鉛化合物ガス」が基準を超えて発生。射撃訓練を見合わせの事態に
アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ロシア中央精密機械建造研究所が『マカロフピストル』の後継候補を開発。軍供給の可否は12月以降に決定 (2018-10-23 12:57)
 アフリカ・ガーナ大統領が陸軍用にトヨタ製ランドクルーザー×135輌の購入を発表 (2018-10-22 17:26)
 インド州政府がトヨタ製「ランクル」など400輌超購入を承認。州首相・閣僚・議員・官僚へ支給 (2018-10-22 16:40)
 ドイツ警察のSIG MCX用弾薬に有害な「鉛化合物ガス」が基準を超えて発生。射撃訓練を見合わせの事態に (2018-10-22 13:50)
 アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入 (2018-10-19 16:11)
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop