NEWS

韓国軍、北朝鮮の特殊部隊からの回収物を展示するトラックを製作

海外軍事 Comments(0)

韓国軍の情報司令部 (KDIC) が、北朝鮮の特殊部隊について紹介するトラックを製作した。

KDIC によれば、朝鮮戦争の休戦以来これまで、北朝鮮の特殊部隊は 1,000 回を超える海からの侵入、また 700 回を超える空からの侵入を試みているという。
このトラックは、そうした韓国へ侵入しようと北朝鮮の特殊部隊から回収した、衣類や通信装置、武器などの装備のコレクションを、荷台を丸々使い展示している。

この展示は韓国軍兵士に見せるために作られたもので、 8 月 1 日に KDIC 本部の前で、約 130 人の韓国軍兵士に向けて披露された。武器は実際に触ることもできたという。8 月 18 日から始まった、韓国軍と米軍による年次合同演習「乙支・フリーダム・ガーディアン」を直前に控え、国防意識を高めることを目的としていた。

なお、米陸軍の第 3 軍が運営するインターネット・メディア『DVIDS』では、現地で米軍兵士が撮影した画像が多数掲載されている。

DVIDS 2014/08/04
Photo by Staff Sgt. Cashmere Jefferson, 19th Expeditionary Sustainment Command Public Affairs Office
Text : 鳥嶋真也 - FM201409


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
ナビスター・ディフェンスがトヨタ・ハイラックスなど特殊部隊向け市販改造車輌(PB-NSCV)のPVを公開
「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
 ナビスター・ディフェンスがトヨタ・ハイラックスなど特殊部隊向け市販改造車輌(PB-NSCV)のPVを公開 (2018-10-12 17:16)
 「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送 (2018-10-11 11:19)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop