NEWS

韓国軍、まだら迷彩服の着用が可能な期間が終了

海外軍事 Comments(0)
韓国軍、まだら迷彩服の着用が可能な期間が終了
韓国軍、まだら迷彩服の着用が可能な期間が終了
韓国国防部は 8 月 25 日、韓国軍の旧型の「まだら迷彩」の戦闘服が、混用期間が終了したことにより、今後現役軍人は着用できなくなると発表した。朝鮮日報が 8 月 26 日付けで報じた。

旧型戦闘服は、国防色の無地の戦闘服に代わって 1992 年に全面的に導入された。その後、2011 年からデジタル迷彩を採用した新型戦闘服の供給が始まり、まだら迷彩服からの切り替えが順次進められていた。デジタル迷彩服は、今では全ての現役将兵に支給されているとのことだ。

また国防部の関係者が同紙に語ったところによれば、旧型戦闘服は軍服取り締まり法の対象品目から外されるため、今後は製造や販売などの商業的活動や、一般人の着用が可能になるという。近いうちに、サバイバル・ゲームで着用してプレイすることも可能になりそうだ。

Chosun Online 2014/08/26
Photo 1: The 65th Anniversary of the Armed Forces Day. Korea.net / Korean Culture and Information Service (Jeon Han), via Wikimedia Commons
Photo 2: Joint Security Area 2008. Flickr: Joint Security Area, via Wikimedia Commons
Image is for illustration purposes only.
Text : 鳥嶋真也 - FM201409


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
 インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結 (2020-03-24 18:13)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop