NEWS

HMMWV の始まりと 30 年の歴史、そして終わり

海外軍事 Comments(0)
『Strategic Defence Intelligence』は 9 月 8 日付けで、来年で生産開始から 30 周年を迎える軍用車両・ハンヴィー (HMMWV, Humvee:High Mobility Multipurpose Wheeled Vehicle = 高機動多用途装輪車両) に関する特集記事を掲載した。

ハンヴィーは 1970 年代後半に、米軍の M561 ガマ・ゴートと M151 ジープを代替するために AM ゼネラル社によって開発され、1985 年から量産が始まった。

当初は、ハンヴィーの能力に懐疑的な者も多かったそうだが (それだけジープが優れた車両だったということでもある) 、湾岸戦争での活躍などで徐々にそうした懐疑論は消え、現在ではジープと同じぐらいに信頼性のある、そして有名な車両になり、米軍だけでなく世界中の軍隊で使用されている。
AM ゼネラル社はまず、1983 年に 2,334 台を受注し、その後湾岸戦争が始まるまでには、米軍や海兵隊向けに 72,000 台を生産した。さらに量産開始から 10 年にあたる 1995 年には 100,000 台を納入した。現在までの生産台数は 281,000 台にも達している。

その後、911 テロ後に始まったアフガニスタン紛争にも投入され、悪路での走行性能は高い評価を得た。しかし、2003 年から始まったイラク戦争では、即席爆発装置 (IED) によって多くのハンヴィーが被害を受けた。追加を外装を纏うものの被害を受け続け、ついに 2007 年からは、分厚い装甲を持った装輪装甲車輌 MRAP (Mine Resistant Ambush Protected) への置き換えが始まった。しかし MRAP の導入は、その重装甲と引き換えに、ハンヴィーの持っていた高い機動性を失わせることになった。

現在米軍では、ハンヴィーの高い機動性と、MRAP の高い防御力を併せ持った、JLTV (Joint Light Tactical Vehicle) と呼ばれる新しい車両の開発計画が始まっている。この計画には、ハンヴィーを開発した AM ゼネラル社の他、ロッキード・マーティン社とオシュコシュ・ディフェンス社が参戦しており、2015 年にも勝者が選ばれ、契約が結ばれる予定だ。

Strategic Defence Intelligence 2014/09/08
Photo 1, 2: AM General LLC
Text : 鳥嶋真也 - FM201409


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入 (2018-10-19 16:11)
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop