NEWS

ペンシルベニア大学、人体に取り付けたセンサーから銃使用の動きを検知する実証に成功

海外軍事 Comments(0)
ペンシルベニア大学、人体に取り付けたセンサーから銃使用の動きを検知する実証に成功
ペンシルベニア大学は 9 月 3 日、体に装着した慣性センサーからのデータを使い、銃の使用を検知する技術の実証に成功したと発表した。

これは保護観察下にあるような人間に、慣性センサーを着用させることで、手首などの動きから、銃を使おうとしているかどうかを判別できるようにするというものだ。当然ながら、銃を撃つ動作と、それ以外とを正確に区別できなければ意味がないが、同大学によれば、99 % の検知率を持つアルゴリズムの開発に成功したという。

研究を担当するチャールズ・レフラー助教授は「人間の手首の観点から見ると、銃を撃った瞬間には非常に特殊な出来事が起こることが判明した。1 秒の何分の1 かという短い時間ではあるものの、爆風を受け、またリコイルから受ける衝撃があるためだ」とのことだ。またこの技術が、既存の保護観察システムに導入されれば、銃の使用の検知や、監視に必要なリソースの削減などに役立つだろうとされている。

University of Pennsylvania 2014/09/03
PLOS ONE 2014/09/03
Photo: USMC
Image is for illustration purposes only.
Text : 鳥嶋真也 - FM201409


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始 (2020-04-03 19:15)
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop