NEWS

米陸軍、軍服を 3D プリンターで造ることを研究中

海外軍事 Comments(0)
米陸軍、軍服を 3D プリンターで造ることを研究中
3D プリンターの持つ可能性が認識され始めた昨今、米陸軍でも武器や食料、皮膚を 3D プリンターで造るという計画が進められているが、加えてさらに、軍服の製造も研究しているようだ。『3D PRINT TODAY』が 8 月 28 日付けで報じている。

この研究は米陸軍ネイティック兵士研究開発技術センター (NSRDEC) で行われているもので、現在軍服は 2D CAD を用いて設計されているが、3D プリンターを使うことによって、固い素材と柔らかい素材の両方を、ひとつの設計に組み入れることができるようになるという。また、縫い目が少なくなり、皮膚や布の各層との摩擦が低減され、着心地を高めることができるようになるかもしれないとのことだ。

また、各兵士にぴったりのサイズの服も作れるようになり、服の重さの低減も図れるという。

3D Print Today 2014/08/28
Photo Credit: David Kamm, NSRDEC Photographer
Image is for illustration purposes only.
Text : 鳥嶋真也 - FM201409


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフ・コンツェルン、米法執行機関向け市場への進出に意欲
被害数億円規模 ロシア連邦保安庁のエリート特殊部隊員が押収された現金を着服していたことが明らかに
ロシアがインドに配慮してパキスタンに要求された小銃×50,000挺を拒否
米海兵隊の『Mk13 Mod 7』長距離スナイパーライフルが「完全作戦能力(FOC)」に到達
米国防総省が陸軍の募集難をクリアすべく選抜試験突破者に2,700万円のボーナスを支給する案を検討中
米沿岸警備艇が『麻薬密輸用の半潜水艇』を猛追跡。隊員が命懸けで飛び乗りハッチを開けさせる迫力の映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフ・コンツェルン、米法執行機関向け市場への進出に意欲 (2019-07-19 17:06)
 被害数億円規模 ロシア連邦保安庁のエリート特殊部隊員が押収された現金を着服していたことが明らかに (2019-07-18 20:32)
 ロシアがインドに配慮してパキスタンに要求された小銃×50,000挺を拒否 (2019-07-18 12:35)
 米海兵隊の『Mk13 Mod 7』長距離スナイパーライフルが「完全作戦能力(FOC)」に到達 (2019-07-18 11:21)
 米国防総省が陸軍の募集難をクリアすべく選抜試験突破者に2,700万円のボーナスを支給する案を検討中 (2019-07-16 17:47)
 米沿岸警備艇が『麻薬密輸用の半潜水艇』を猛追跡。隊員が命懸けで飛び乗りハッチを開けさせる迫力の映像 (2019-07-12 16:02)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop