NEWS

米陸軍、軍服を 3D プリンターで造ることを研究中

海外軍事 Comments(0)
米陸軍、軍服を 3D プリンターで造ることを研究中
3D プリンターの持つ可能性が認識され始めた昨今、米陸軍でも武器や食料、皮膚を 3D プリンターで造るという計画が進められているが、加えてさらに、軍服の製造も研究しているようだ。『3D PRINT TODAY』が 8 月 28 日付けで報じている。

この研究は米陸軍ネイティック兵士研究開発技術センター (NSRDEC) で行われているもので、現在軍服は 2D CAD を用いて設計されているが、3D プリンターを使うことによって、固い素材と柔らかい素材の両方を、ひとつの設計に組み入れることができるようになるという。また、縫い目が少なくなり、皮膚や布の各層との摩擦が低減され、着心地を高めることができるようになるかもしれないとのことだ。

また、各兵士にぴったりのサイズの服も作れるようになり、服の重さの低減も図れるという。

3D Print Today 2014/08/28
Photo Credit: David Kamm, NSRDEC Photographer
Image is for illustration purposes only.
Text : 鳥嶋真也 - FM201409


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
中国人民解放軍の新型自動小銃が建国70周年の国慶節で目撃される
ロシア国営「ロステック」社が新口径の小火器開発を視野に、米軍の6.8mm「NGSW」開発を注視
L3ハリス社が米陸軍に「ゲームチェンジャー」な新型ネットワーク式夜間暗視ゴーグル『ENVG-B』の初期納入を開始
米海軍クレーンが『M110K1』の6.5mm CRDMR変換キット新型アッパーのアッセンブリー取得に向けRFI発出
メキシコの無法地帯では、麻薬カルテルによる不気味な武装ピエロが徘徊している
ポーランド警察が「ベレッタAPX」ピストル×4,666挺購入
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 中国人民解放軍の新型自動小銃が建国70周年の国慶節で目撃される (2019-10-21 17:37)
 ロシア国営「ロステック」社が新口径の小火器開発を視野に、米軍の6.8mm「NGSW」開発を注視 (2019-10-18 17:07)
 L3ハリス社が米陸軍に「ゲームチェンジャー」な新型ネットワーク式夜間暗視ゴーグル『ENVG-B』の初期納入を開始 (2019-10-16 18:38)
 米海軍クレーンが『M110K1』の6.5mm CRDMR変換キット新型アッパーのアッセンブリー取得に向けRFI発出 (2019-10-11 12:16)
 メキシコの無法地帯では、麻薬カルテルによる不気味な武装ピエロが徘徊している (2019-10-10 17:33)
 ポーランド警察が「ベレッタAPX」ピストル×4,666挺購入 (2019-10-10 16:01)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop