NEWS

米ボーイング社、戦闘機の開発・製造からの撤退を視野

海外軍事 Comments(0)
米ボーイング社、戦闘機の開発・製造からの撤退を視野
『ウォール・ストリート・ジャーナル』は 9 月 18 日、米国の航空機製造大手のボーイング (Boeing) 社が、戦闘機の開発や製造といった分野から撤退し、旅客機や、空中給油機や早期警戒機などといった旅客機の軍用バージョンの分野に注力することを検討していると報じた。

これは現在、米国や、日本を含むその同盟国などでは、ライバルのロッキード・マーティン社製の F-35 ライトニング II の導入が進んでおり、一方でボーイング社製の F/A-18 の生産はまもなく終了すると見られ、また F-15 も、開発中の F-15SE は 1 機も売れておらず、サウジアラビア向けの F-15S が最後の型になり、2019 年にも生産を終了すると見られている。

同社は 2010 年代までは生産ラインを維持したいとしており、その間に他国などから F/A-18 や F-15 の新規受注を取りたいとしている。だが、すでに同社内では、戦闘機分野からの撤退も視野に入れたロードマップの用意が始まっているという。

Wall Street Journal 2014/09/18
Business Journal 2014/09/19
Photo credit: Boeing photo
Image is for illustration purposes only.
Text : 鳥嶋真也 - FM201410


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフ・コンツェルン、米法執行機関向け市場への進出に意欲
被害数億円規模 ロシア連邦保安庁のエリート特殊部隊員が押収された現金を着服していたことが明らかに
ロシアがインドに配慮してパキスタンに要求された小銃×50,000挺を拒否
米海兵隊の『Mk13 Mod 7』長距離スナイパーライフルが「完全作戦能力(FOC)」に到達
米国防総省が陸軍の募集難をクリアすべく選抜試験突破者に2,700万円のボーナスを支給する案を検討中
米沿岸警備艇が『麻薬密輸用の半潜水艇』を猛追跡。隊員が命懸けで飛び乗りハッチを開けさせる迫力の映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフ・コンツェルン、米法執行機関向け市場への進出に意欲 (2019-07-19 17:06)
 被害数億円規模 ロシア連邦保安庁のエリート特殊部隊員が押収された現金を着服していたことが明らかに (2019-07-18 20:32)
 ロシアがインドに配慮してパキスタンに要求された小銃×50,000挺を拒否 (2019-07-18 12:35)
 米海兵隊の『Mk13 Mod 7』長距離スナイパーライフルが「完全作戦能力(FOC)」に到達 (2019-07-18 11:21)
 米国防総省が陸軍の募集難をクリアすべく選抜試験突破者に2,700万円のボーナスを支給する案を検討中 (2019-07-16 17:47)
 米沿岸警備艇が『麻薬密輸用の半潜水艇』を猛追跡。隊員が命懸けで飛び乗りハッチを開けさせる迫力の映像 (2019-07-12 16:02)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop