NEWS

米ボーイング社、戦闘機の開発・製造からの撤退を視野

海外軍事 Comments(0)
『ウォール・ストリート・ジャーナル』は 9 月 18 日、米国の航空機製造大手のボーイング (Boeing) 社が、戦闘機の開発や製造といった分野から撤退し、旅客機や、空中給油機や早期警戒機などといった旅客機の軍用バージョンの分野に注力することを検討していると報じた。

これは現在、米国や、日本を含むその同盟国などでは、ライバルのロッキード・マーティン社製の F-35 ライトニング II の導入が進んでおり、一方でボーイング社製の F/A-18 の生産はまもなく終了すると見られ、また F-15 も、開発中の F-15SE は 1 機も売れておらず、サウジアラビア向けの F-15S が最後の型になり、2019 年にも生産を終了すると見られている。

同社は 2010 年代までは生産ラインを維持したいとしており、その間に他国などから F/A-18 や F-15 の新規受注を取りたいとしている。だが、すでに同社内では、戦闘機分野からの撤退も視野に入れたロードマップの用意が始まっているという。

Wall Street Journal 2014/09/18
Business Journal 2014/09/19
Photo credit: Boeing photo
Image is for illustration purposes only.
Text : 鳥嶋真也 - FM201410


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用
米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始
USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約
B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得
米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け
ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用 (2019-04-19 20:12)
 米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始 (2019-04-16 19:10)
 USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約 (2019-04-15 16:48)
 B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得 (2019-04-10 13:30)
 米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け (2019-04-10 12:49)
 ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』 (2019-04-09 19:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop