NEWS

ドイツの米陸軍 GTA で訓練に取り組むオランダ海兵隊スナイパー

海外軍事 Comments(0)

ドイツ中東部、バイエルン州グラーフェンヴェーアにある米陸軍の訓練組織、JMTC (Joint Multinational Training Command, 多国籍合同訓練司令部) をホストにおこなわれた訓練の様子が公開中。

訓練の舞台となった GTA (Grafenwoehr Training Area) は、1910 年に創設されたかつてのバイエルン王国陸軍 (Royal Bavarian Army) で使用された訓練場で、現在は米陸軍 第 7 軍・在欧州米陸軍による市街戦環境下での即応能力を訓練するための施設となっている。訓練場として活用されている他、欧州きっての大規模な訓練施設として同盟各国の軍との交流促進に利用されている。

現在米陸軍公式ページには、母国での訓練以上を求めてやって来たオランダ海兵隊スナイパーが、HK417 や M82 Barrett などを使った各種訓練に取り組んだ様子が記載されている。

U.S. Army 2014/10/01
U.S. Army Europe / DVIDS 2014/09/27
About GTA / U.S. Army Europe
About MILCON of Grafenwoehr / Japan National Diet Library 2007/01/23
Photo Credit: Staff Sgt. Coltin Heller, 109th Mobile Public Affairs Detachment


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用
米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始
USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約
B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得
米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け
ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用 (2019-04-19 20:12)
 米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始 (2019-04-16 19:10)
 USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約 (2019-04-15 16:48)
 B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得 (2019-04-10 13:30)
 米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け (2019-04-10 12:49)
 ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』 (2019-04-09 19:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop