NEWS

ロッキード・マーチン、専属の女性航空フォトグラファー Liz Kaszynski 氏紹介映像を公開

海外軍事 Comments(0)
Lockheed Martin は公式 YouTube チャンネルを通じて、同社専属の女性航空フォトグラファーを紹介した。

Liz Kaszynski 氏は、Lockheed Martin が抱える専属航空フォトグラファー 10 名の内の 1 名で、F-35 戦闘機に向けた唯一の女性フォトグラファー。空中を舞う機体を様々なロケーションや高度で、あらゆるアングルから撮影することが使命となっている。

映像には、日本でもお馴染みの専門誌「航空ファン」の表紙を飾った際の様子も簡単に紹介されている。

また、映像の公開と併せて掲載されたプレスリリースには、北テキサス大学を卒業後すぐに Lockheed Martin へ入社し、航空フォトグラファーとしてキャリアを積み上げる様子や、単にフォトグラファーとして撮影に臨むだけでなく、戦闘機へ搭乗するに当たっておこなわれた脱出訓練や水中での生存訓練といったエピソードなども添えて紹介されている。

LockheedMartinVideos 2014/10/07
Capturing Photos of the World's Most Advanced Jets / Lockheed Martin
The aerial dance of photographing fighter jets / Washington Post 2014/09/15


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用
米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始
USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約
B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得
米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け
ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用 (2019-04-19 20:12)
 米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始 (2019-04-16 19:10)
 USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約 (2019-04-15 16:48)
 B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得 (2019-04-10 13:30)
 米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け (2019-04-10 12:49)
 ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』 (2019-04-09 19:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop