NEWS

ルノー・トラックス・ディフェンス社、VAB 装甲車の最新バージョン VAB マーク III を発表

海外軍事 Comments(0)
ルノー・トラックス・ディフェンス社、VAB 装甲車の最新バージョン VAB マーク III を発表
THEATRUM BELLI 紙は 10 月 14 日、カタールのドーハで開催される国際的な兵器展示会「Milipol Qatar」において、ルノー・トラックス・ディフェンス社が VAB (Véhicule de l'Avant Blindé) 装甲兵員輸送車の最新バージョンである VAB マーク III を披露すると報じた。

VAB は 1976 年から運用されている装甲車で、現在フランス軍のほか、世界 15 か国以上の国で、およそ 5,000 両以上が配備されている。マーク III はその後継車として、出力や搭載能力の向上、内部空間の拡大、状況認識能力の向上、防御力の強化などが図られているという。ただし車幅など、車体の寸法はそのままで、市街地などでの機動性は変わらないとのことだ。車体の質量は 20 t で、6
x 6 の車輪を持つ。乗員 2 人に加えて、後部区画に 10 人の人間を収容できる。

弾道防御 (ballistic protection) レベルは NATO レベル 4 (Stanag 4569) で、地雷や即席爆発装置 (IED) への防御力は MRAP 並みだという。

また、装甲兵員輸送車や歩兵戦闘車、救急車、偵察車両、120 mm 迫撃砲の搭載、コマンド・ポストなど、様々な用途に応じてバリエーションを変えられるという。

Theatrum-Belli 2014/10/14
VAB Mk3 / RENAULT TRUCKS Defense
Text : 鳥嶋真也 - FM201410


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始 (2020-04-03 19:15)
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop