NEWS

米国、イラクへ約 4 万 6,000 発の戦車砲弾を送ることを計画

海外軍事 Comments(0)
The Washington Post は 10 月 20 日、米国がイラクへ向けて、約 4 万 6,000 発の M1A1 エイブラムス戦車の砲弾を送ることを計画していると報じた。

イラクはイスラム過激組織「イスラム国」との戦争状態にあり、今年 6 月にはイラク第 2 の都市であるモースルが占拠されている。イラクでは近くモースルを奪還する作戦を始めたいとしており、今回送られる弾薬が投入される見込みだ。

イラク軍は現在、約 140 両の M1A1 を運用している。これらはイラク戦争後に米国から供給されたもので、装甲などがダウングレードされている以外は米軍で
使用されている M1A1 と同じだとされる。

モースルの奪還に際して、イラク政府は 4 種類の異なる M1A1 の 120 mm 主砲弾を要求したという。その大部分は HEAT 弾であるとのことだ。HEAT とは
High-Explosive Anti-Tank の略で、対戦車榴弾を意味する。これと対になる種類の弾には徹甲弾があり、これは発射の際の運動エネルギーを使って敵の装甲を
貫くように造られた弾だが、HEAT 弾は弾自体に内蔵された炸薬の爆発エネルギーを利用して敵の装甲を貫くように造られている。

なお現在、イスラム国はイラク軍から奪った戦車や装甲兵員輸送車を運用しているという。

Washington Post 2014/10/20
Photo By: Lance Cpl. Andrew D. Thorburn
Image is for illustration purposes only.
Text : 鳥嶋真也 - FM201410


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用
米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始
USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約
B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得
米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け
ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用 (2019-04-19 20:12)
 米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始 (2019-04-16 19:10)
 USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約 (2019-04-15 16:48)
 B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得 (2019-04-10 13:30)
 米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け (2019-04-10 12:49)
 ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』 (2019-04-09 19:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop