NEWS

米軍の戦闘機パイロット「中国の新型ステルス戦闘機は F-22 や F-35 に匹敵するだろう」

海外軍事 Comments(0)
米軍の戦闘機パイロット「中国の新型ステルス戦闘機は F-22 や F-35 に匹敵するだろう」
米海軍協会 (USNI) は 11 月 5 日、中国の新型ステルス戦闘機が、米国の F-22 ラプターや F-35 ライトニング II といった最先端の戦闘機に匹敵する性能を持っているだろうとする、米国の戦闘機パイロットの声を伝えた。

中国の新型ステルス戦闘機「殲 31」は、数年前から開発が進められており、中国では第 4 世代戦闘機とされているが、世界基準からすると、米国の F-22 ラプター、F-35 ライトニング II、またロシアの PAK-FA (T-50) と並ぶ、第 5 世代ジェット戦闘機に位置づけられている。中国メディアによれば、2012 年 10 月 31 日に試作機が初飛行したとされ、現在も開発、試験の段階にある。中国の愛好家が秘密裏に撮影した写真は以前から出回っていたが、現在開催中の国国際航空宇宙博覧会 (珠海航空ショー) において、初めて公式に披露された。

この発言を USNI に伝えたパイロットは、匿名ではあるものの、F-35 計画に深く関与している人物だという。彼の弁によれば、殲 31 は F-35 など第5世代機の情報をスパイして開発されており、かつ今後も産業スパイ活動は活発であることが予想されるため、結局は殲 31 は F-35 などと同等の能力を持つのではないか、とのことだ。

ただし、元パイロットとされる人物は、「航空ショーは文字通りショーであり、公開された情報などから、実際の性能などは判断できない」とコメント、また現役の空軍テスト・パイロットも「現段階では、まだ実用化されていないため、合理的な評価は困難だ」としている。

USNI 2014/11/05
Text: 鳥嶋真也 - FM201411


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始 (2020-04-03 19:15)
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop