NEWS

8 名解放 イエメンの人質救出作戦に米海軍特殊部隊 SEALs Team 6 メンバー参加と報道

海外軍事 Comments(0)
ニューヨークタイムズ紙などによると、米国が支援する急襲作戦の下、イエメンの特殊部隊が、アルカイダ (Al Qaeda) 系列の武装組織によって囚われの身となっていた 8 名の人質を救出した。救出された 8 名の内の 6 名がイエメン人で、残りはサウジアラビア人とエチオピア人であったとしている。

なお、イエメン最高安全保障委員会の発表には、米軍の地上部隊の関与について言及されていなかったが、ニューヨークタイムズ紙によれば、2 ダースほどの米軍部隊が急襲作戦を導いたと報じている。

ニューヨークタイムズが報じた「2 ダースほどのメンバー」については、海軍特殊部隊 SEALs の Team 6 と記されている。

人質救出のための襲撃作戦がおこなわれたのは、11 月 25 日 (火) の夜明け前。秘密裏にサウジ国境近くのハドラマウト (Hadhramaut) にヘリコプターを使って移動し、その後闇夜の中を数マイルに渡って徒歩で移動、山岳地帯の洞窟に潜む武装グループを追っていたとのこと。

なお、匿名の情報筋によれば、この急襲作戦により犯行グループ 7 名が殺害されたと報じられている。

作戦の実行は、イエメンのアブド・ラッボ・マンスール・ハーディー (Abdu Rabbu Mansour Hadi) 大統領の要請によりおこなわれたとのこと。

New York Tims 2014/11/27
USA Today 2014/11/26
ABC News 2014/11/27


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入 (2018-10-19 16:11)
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop