NEWS

スウェーデン スタートアップ、没入型デジタル環境を使った訓練用トレッドミル「Omnideck 6」をリリース

海外軍事 Comments(0)
米フロリダ州オーランドで、12 月 1 日から 5 日の会期で開催された「I/ITSEC 2014 カンファレンス」の席で、スウェーデン エルムフルトを拠点とし、仮想現実での近未来なモーション技術開発を手掛けるスタートアップ、MSE Omnifinity AB が新型の訓練用トレッドミル「Omnideck 6」を披露した。
「Virtuix Omni」資金調達キャンペーン開始

全方向性のトレッドミル (ルームランナー) と、Oculus ゴーグル、光学トラッキング技術が組み合わされた幅 6 メートルに渡る本システム。同社がドイツのアーヘン工科大学の研究チームと共に、2 年に渡る歳月を掛けて開発したもので、製品仕様とのなるのものは今回が初めてのお披露目。

Omnideck のコストは 75,000 ドル程で、カメラや映像ソフトなど統合システム全体で 120,000 ドルとのこと。

参考映像

世界各国で防衛支出に対する風当たりが強くなる中、活況付いているのがトレーニング&シミュレーション分野だけに、同社では現時点ではまだ導入事例が無いものの、今後の展開に明るい兆しを見出している模様。

Omnifinity 2014/11/20
About MSE Omnifinity AB


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入 (2018-10-19 16:11)
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop