NEWS

米陸軍第 3 特殊部隊グループ「グリーンベレー」、スナイパー・コンペの写真数点を公開

海外軍事 Comments(0)
米陸軍特殊部隊・グリーンベレー、第 3 特殊部隊グループ (3rd SFG (Airborne)) の公式 FaceBook で、2014 年 12 月に米ノースカロライナ州フォートブラッグでおこなわれたスナイパー・コンペでの写真数点が公開された。

写真の隊員が使用するスナイパーライフルは、LaRue Tactical OBR 7.62 をベースに、迷彩塗装が施されている。迷彩パターンは Crye Precision でお馴染みの Multicam 調となっており、水圧転写では無く、ブツブツ感のある表面の様子からも塗装によるものと考えられる。また、ストックは固定式のものから同じく LaRue 製の伸縮式のものへと変更されている。
Nightforce 製 Ultralite MagMounts をベースに、一部仕様変更されていると思われるマウントには、Leupold MarkVI スコープが搭載されている。また、バイポッドには間に合わせ的に用意されたのか、Cheytac M200 のものが使われている点が興味深い。

そしてスリングには、一見 Vickers Tactical 製のコンバットスリングにも見えるが、前方の取り付け部にあるファステックスから、LaRue 製の Tactical Padded Sling と考えられる。

3rd Special Forces Group-Airborne official FaceBook 2014/12/09


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop