NEWS

米陸軍は昆虫型ロボットを作るか?

海外軍事 Comments(0)
米陸軍は昆虫型ロボットを作るか?
米陸軍は 2014 年 12 月 11 日、昆虫型ロボットを開発する可能性について論じた記事を公開した。

記事によれば、米陸軍研究所 (ARL) ではすでに、3 cm から 5 cm ほどの長さを持つ、小さなロボットの翼を開発したとされる。この翼はチタン酸ジルコン酸鉛によって作られたもので、電圧を加えることで曲がり、フラップなどとして機能させることができるという。また直径 2 mm から 3 mm ほどの超小型の超音波モーターも開発され、これらを組み合わせて作られたとされる。すでに試験では、この翼を使って飛び立たせることに成功しており、将来的に飛行できるようになる可能性も十分にある、と語られている。
実用化に向けては、機体を安定させるためのアルゴリズムや、状況を認識するための人工知能の開発などの必要があり、まだ時間がかかるという。

また同じ技術を使った、ヤスデに似たロボットも検討されているという。

過去の「昆虫型軍事用ロボット」関連記事一覧

こうした昆虫型ロボットは、今はまだ SF 小説の中の話であるかもしれないけれども、実用化はそう遠い先のことではないだろうと語られている。

US Army News Service 2014/12/11
Photo Credit: Peggy Frierson
Text: 鳥嶋真也 - FM201501

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
 インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結 (2020-03-24 18:13)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop