NEWS

ロシア軍 BTR-MDM「ラクーシュカ」空挺装甲兵員輸送車の試験動画

海外軍事 Comments(0)
ロシア国防省が運営する TV チャンネル『ズヴィズダー』は 1月 14日、公式 YouTube チャンネルに、ロシア空挺軍 第106親衛空挺師団にて各種運用試験を行う BTR-MDM「ラクーシュカ」空挺装甲兵員輸送車の試験動画を公開した。
BTR-MDM「ラクーシュカ」空挺装甲兵員輸送車は、老朽化が進んでいるBTR-D空挺装甲兵員輸送車の後継モデルとして開発された。基本的な車体構造については空挺戦闘車であるBMD-4Mと共用しており、武装が7.62mm機関銃2丁のみと軽武装ではある。
完全武装の13名の空挺隊員を搭乗可能となっており、BTR-Dよりもスペースを確保し居住性を向上させ、エンジンを新型に換装することで機動力も向上されている。

現在 第106親衛空挺師団に配備され各種運用試験を行っている最中であるが、現場では操作性の良さが認められており、好評な意見が挙げられている。

現在空挺軍は2025年までに1,500輌のBMD-4Mと2,500輌のBTR-MDMを調達すると発表しているが、ウクライナ危機に絡む経済制裁や財政不安の中で何処まで調達配備できるのか不明瞭なところがある。

tvZvezda 2015/01/14
Text: WT83 - FM201501

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ロシア中央精密機械建造研究所が『マカロフピストル』の後継候補を開発。軍供給の可否は12月以降に決定
アフリカ・ガーナ大統領が陸軍用にトヨタ製ランドクルーザー×135輌の購入を発表
インド州政府がトヨタ製「ランクル」など400輌超購入を承認。州首相・閣僚・議員・官僚へ支給
ドイツ警察のSIG MCX用弾薬に有害な「鉛化合物ガス」が基準を超えて発生。射撃訓練を見合わせの事態に
アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ロシア中央精密機械建造研究所が『マカロフピストル』の後継候補を開発。軍供給の可否は12月以降に決定 (2018-10-23 12:57)
 アフリカ・ガーナ大統領が陸軍用にトヨタ製ランドクルーザー×135輌の購入を発表 (2018-10-22 17:26)
 インド州政府がトヨタ製「ランクル」など400輌超購入を承認。州首相・閣僚・議員・官僚へ支給 (2018-10-22 16:40)
 ドイツ警察のSIG MCX用弾薬に有害な「鉛化合物ガス」が基準を超えて発生。射撃訓練を見合わせの事態に (2018-10-22 13:50)
 アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入 (2018-10-19 16:11)
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop