NEWS

ロシアの国産大統領専用リムジン、2018 年にもお披露目か

海外軍事 Comments(0)
ITAR-TASS 通信が伝えたところによると、ロシアの大統領専用リムジンがスケッチ&スタディの過程を終え、2015 年度中にも最初の実証プロトタイプが試作され、2017 年から 2018 年の初頭に掛けてのタイミングで生産開始予定にあるとのこと。

これはサンクト・ペテルブルグ工科大学 (SPbPU: St. Petersburg Polytechnic University) の工科センターで所長を務める アレクセイ・ボロフコフ (Alexey Borovkov) 氏の発言によるもので、同所長はこの大統領専用リムジンが「世界で最も安全性能の高い車輌になる」と自信をみせている。

車輌は大きく、重量は実に 6 トンにも及ぶ巨漢ながらも、800 馬力のエンジンを搭載することで機敏で尚且つ極めて頑丈だとしている。
ロシアでは、政府首脳向け車輌の国産開発計画「Кортеж (Cortege) 」の下、2014 年度に 35 億ルーブル (約 63 億円) を投じている。また 2015 から 2016 年度に掛けて 80 億ルーブル (約 144 億円) を投じる予定にある。

フランス語で儀式などでの「行進」を意味する単語「Cortege, コルテジ」を冠したこの計画では、車列に随伴するセダンや、SUV、ミニバンといった開発も含めておこなわれる。

コルテジ計画における全モデルの生産は、ロシア大手自動車メーカーであるソラーズ (Sollers) 社が国営企業 Rostec 社と、同じく国営の Rosavto 社 (国営「ロステクノロジー」社における実務上の名称) との連携・協力関係の下でおこなう。

TACC 2015/01/24
Lenta.Ru 2015/01/24
Ref: Presidential "cortege" will gather in Russia / Rostec

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop