NEWS

ロシア国営メディア、ウクライナ東部 Uglegorsk を占拠したドネツク人民共和国の動画を公開

海外軍事 Comments(0)
RT(旧称:ロシア・トゥデイ ロシア政府が所有する実質上の国営メディア)はウクライナ東部にあるuglegorskを占拠したドネツク人民共和国((英:Donetsk People's Republic (DPR ))の動画を公開した。
ノヴォロシア章や親露派のシンボルとなったゲオルギーリボンを着用し、様々な迷彩服や装備を着用しているのが確認できる。一部の兵士はロシア連邦軍で支給される装備を身に付けている。この映像では装甲車や戦車を駆使し攻略を進めていく姿は、彼らが単なる一過激派ではなく、軍として活動していることが伺えるものである。また特筆すべき情報としてはロシア連邦軍や内務省で見られる白い腕章が確認できる、これは包帯ではなく敵味方の識別サインである。義勇兵という名目で活動しているというロシア連邦軍兵士が、ドネツク人民共和国兵士に教えた可能性も否定はできないものである。

紛争が激化し、最早停戦合意も消え失せた状況である東部ウクライナ紛争ではあるが、ウクライナ・ロシア・フランス・ドイツによる4カ国首脳がウクライナ情勢をめぐり、ベラルーシのミンスクで11日に首脳会談を開くことが決定し、再度の停戦合意がされるか不明瞭な状況が続いている。

RT 2015/02/04
Text: WT83 - FM201502

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop