NEWS

中型汎用機関銃 M240B の軽量化版 バレット「M240LW」

海外軍事 Comments(0)
InterMedia Outdoors が運営する Guns & Ammo は、2015 U.S. SHOT Show の席で展示された M240 中型汎用機関銃の軽量化版「M240LW」について掲載した。
Barrett Firearms Manufacturing ブースで紹介されたこの M240LW は、現行の M240B が重量 27.6 ポンド (約 12.5 キログラム) あるのに対し、およそ 6 ポンド (約 2.7 キログラム) の減量に成功。また、全長も M240B が 49 インチ (約 124 センチメートル) に対し、5 インチ (約 13 センチメートル) のコンパクト化を実現している。

M240LW のレシーバーは 2 分割した構成で、レシーバー形状を大幅に変更することにより軽量化の実現に寄与。また、固定式だったストックも 液圧緩衝器 (hydraulic buffers) を備えた伸縮式のものを採用している他、ハンドガードには KeyMod システムを採用することでアクセサリー装着による拡張性も備えている。
中型汎用機関銃 M240B の軽量化版 バレット「M240LW」
M240B Machine Gun;
* Length of the M240B: 49 inches
* Weight of the M240B: 27.6 pounds
* Maximum range: 3,725 meters
* Maximum effective range: 1,100 meters with tripod and T&E (Traversing & Elevation)

Data from U.S. Army
U.S. Army photo by Sgt. Michael J. MacLeod, Task Force 1-82 PAO

中型汎用機関銃 M240B の軽量化版 バレット「M240LW」
M240B の軽量化は現場の声を反映したもので、米陸軍では既に「M240L」の開発を手掛けている。こちらは陸軍が初めて手掛けたチタン製機関銃で、M240B と比べて短銃身で 5.1 ポンド (約 2.3 キログラム) の減量を実現。M240Lは、2010 年度の「Army Greatest Inventions」に選出されており、3,600 挺以上をデリバリー済。

U.S. Army 2011/12/15
Photo: PEO Soldier Live 2011/10/07
Guns & Ammo 2015/02/05
Soldier Systems 2015/02/16
M240B / FNH USA

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始 (2020-04-03 19:15)
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop