NEWS

米陸軍、特殊作戦軍に配備済のモジュラー式の新型手榴弾「SOHG」を試験

海外軍事 Comments(0)
米陸軍がモジュラー式の新型手榴弾 (ハンドグレネード) を最近、ジョージア州フォートベニング基地にある中核研究拠点 (MCoE : Maneuver Center of Excellence) で評価試験に供した。(U.S. Army Photos by Angie DePuydt)

「SOHG (Scalable Offensive Hand Grenade) 」と名付けられたこの手榴弾は、爆風効果 (blast effect) を追求したデザインとなり、ベースとなる手榴弾にセパレート式のモジュールを付加することができるというもの。兵士は戦況に応じて、ダブルまたはトリプル構成の手榴弾を投じることで、敵脅威の効果的な排除が可能になる。

SOHG の開発を手掛けたのは、ノルウェーの Nammo Group 傘下の企業。Nammo Group は、北欧の防衛関連企業のメジャー 3 社 (Celsius AB、Patria Oyj、Raufoss ASA) による合弁が主体で、ノルウェー政府関連の資本が投入されている。

米軍特殊部隊から「特定の状況に応じて使い分けの可能な、モジュラー式でフレキシブルな手榴弾」という開発要求がなされ、それに応えるべく「One Nammo」の号令下、フィンランドの Nammo Vihtavuori、Nammo Lapua、米国の Nammo Talley がその英知を結集させて製品化に漕ぎ着けている。

Scalable Offensive Hand Grenade (SOHG)
TECHNICAL DESCRIPTION
* Base grenade with non-removable 3.5 sec fuze and auxiliary explosive modules to increase effect
* Maximum configuration is Base +2 modules (345g)
* Each module has 115 grams (1/4lb) of Insensitive Munitions (IM) qualified secondary explosive
* Three stage Safety Pin
•~4lb unlocked pin pull
•No brush lock required
* Reliable, fielded fuze with enhanced safety pin
* Composite case, fuze body, and spoon to minimize fragmentation
* Fielded in US SOCOM and Finland Defense Force

2014 年 11月に発行された米陸軍遠征戦士実験 (AEWE: Army Expeditionary Warrior Experiments) のレポートによると、米特殊作戦軍 (USSOCOM: U.S. Special Operations Command) は 2010 年に、SOHG の運用を成功裏に収めていることが記されている。また、フィンランド軍で既に配備されていることにも言及している。

Army Expeditionary Warrior Experiments official FaceBook 2015/01/22
AEWE 2015 / Benning.Army.mil 2014/11/17
Nammo Group 2014/04/24
About Nammo Group

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入 (2018-10-19 16:11)
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop