NEWS

米陸軍特殊部隊「グリーンベレー」による麻薬カルテルの前哨アジト襲撃訓練写真

海外軍事 Comments(0)
米陸軍特殊部隊「グリーンベレー」第 7 特殊部隊グループ (7th Special Forces Group (Airborne) / 7th SFG (A) ) は、 ノースウェスト・フロリダのエグリン空軍基地レンジでおこなった訓練ミッションの様子を収めた全 17 枚の写真を公開した。

2 月 20 日におこなわれたこの訓練は、麻薬カルテル前哨地である模擬アジトの襲撃を想定して実施。訓練に参加した隊員らは、重装備に加えて夜間暗視ゴーグルやガスマスクを装着。施錠されたドアを電動ノコギリを使って室内へ侵入したり、止血帯を使って負傷者を救護するなどの訓練がおこなわれている。

7th SFG (A) の担当エリア (AOR: Area of Responsibility) は中南米。面積にしておよそ 1,560 万平方マイルに及び、中南米 19 ヶ国とカリブ海の 13 ヶ国を管轄する。これら地域の持つ陸地面積は、全世界のおよそ 6 分の 1 に相当する。

7th Special Forces Group official FaceBook 2015/02/26
About 7th SFG (A)

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入 (2018-10-19 16:11)
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop