NEWS

ロシア軍スナイパーが 100 メートル先のコインを撃ち抜く世界記録を樹立

海外軍事 Comments(0)
ロシア国防省が運営する TV チャンネル『ズヴィズダー』は 3月 4日、公式 YouTube チャンネルに、タジキスタン共和国に駐留するロシア連邦軍の第201軍事基地に所属する狙撃兵が世界記録を樹立したと報じた。
その記録とは100メートルの距離から15コペイカ硬貨を撃ち抜いたということであり、これが世界記録になるかどうかは不明瞭ではあるが、かなり錬度の高い狙撃兵が居ることは確かではある。同基地に所属するロシア連邦軍の狙撃兵の訓練模様が映し出されており、ギリースーツを身にまとい狙撃位置を移動する光景は、西側とは変わりが無い。ただしSVDを使い続けており、ボルトアクション式狙撃銃が本格採用されていないところが大きな違いではある。連邦軍にもボルトアクション式狙撃銃が採用されているが、ロシア連邦軍狙撃兵達はSVDで満足しているようだ。

ロシア連邦軍の第201軍事基地は、旧ソ連時代から存在し、ソ連邦崩壊後はタジキスタン共和国内の基地となったが、交渉の末ロシア連邦軍の海外基地として中央アジア方面の防衛を担っている。タジキスタン共和国との駐留延長交渉も纏まり、2042年度まで駐留を認める協定が調印され、現在に至る。

tvZvezda 2015/03/04
Text: WT83 - FM201503

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入 (2018-10-19 16:11)
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop