NEWS

元 DevGru 隊員 Robert O’Neill 氏が FOX News に採用

海外軍事 Comments(0)
Osama Bin Laden 急襲作戦で立役者となった、元 DevGru 隊員の Robert O’Neill 氏が、FOX News に採用された。同社が 3 月 12 日付で報じている。

今後は、Rob O’Neill 氏が持つ豊富な軍での実戦経験を活かし、日中やゴールデン番組で、軍事エキスパートとして寄稿することになる。
FOX News と Rob O’Neill 氏と言えば 2014 年 11 月に、Osama bin Laden 容疑者を殺害した DevGru 隊員への初独占インタビューとして、特集番組「The Man Who Killed Osama Bin Laden」の放送が記憶に新しい。
Osama bin Laden 容疑者殺害、DevGru 隊員への初独占インタビューを含む特集番組が公開予定

今回の採用について Fox News Channel CEO の Roger Ailes 氏は「Rob O’Neill 氏は米国民の自由を守る為、その半生を母国へ献身的に勤め上げた人物であり、米国民の英雄である」と Rob O’Neill 氏を褒め称えている。

Rob O’Neill 氏の名が世に知られるきっかけとなったのが、9.11 同時多発テロの首謀・Osama bin Laden 容疑者の急襲作戦「Operation Neptune Spear (海神の槍作戦)」。
この作戦の結末において、Osama bin Laden 容疑者へ最後の一発を見舞った「The Shooter」なる人物が、DevGru レッドチームに所属していた Rob O'Neill 氏であったとされる。海軍特殊部隊 SEALs チームの中から選りすぐりの隊員が集まる DevGru (ST6) は、米軍最精鋭部隊の 1 つとして知られる。

Rob O’Neill 氏らのチームは当初、軍上層部よりこれから取り組むミッションについて明確なターゲットを通知されずにいたと言う。当初はアラブの春 (Arab Spring) で揺れていた最中ということもあり、北アフリカのリビアに向かい、カダフィ大佐 (Muammar Gaddafi) の捕縛に行くものと考えていたとされる。

How Robert O'Neill prepared for the bin Laden raid - 06:58

あらゆる軍事面で「世界最強」の米国がその存在を突き止めるに 10 年近い歳月を要した、最重要人物の急襲作戦。そこに参加することとなった Rob O’Neill 氏らのチームは、これから待ち受ける困難なミッションを前に、生還することが無いと考え、家族に対して手紙を書いたと言う。自らのチームを「殉職部隊 (Martyrs’ Brigade) 」と呼んでいたことからもそのことがよく分かる。

400 回以上にも及ぶ軍の作戦に参加した Rob O’Neill 氏は、2 度の銀星章 (Silver Star) をはじめ、青銅星章 (Bronze Star) を 4 度、統合参謀本部勲功章 (Joint Service Commendation Medal)、殊勲部隊章 (PUC: Presidential Unit Citation)、2 度の海軍・海兵隊賞賛章 (Navy/Marine Corps Commendations) など、52 の勲章を受章。その後 2012 年に軍を後にしている。

FOX News 2015/03/12
ABC News 2014/11/12

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ銃器メーカー「H&K」社が売却。新オーナーは外国籍か
ドイツ連邦警察がスウェーデンSpuhr社製MP5短機関銃用の銃床を3,000個追加購入
米軍SOCOM向け新型軽量中型機関銃(LWMMG)のPVをジェネラル・ダイナミクス社が公開
Textron社がアメリカ陸軍次世代分隊火器(NGSW)の候補を公開
ジェネラル・ダイナミクスOTSがM4/M249後継の次世代分隊火器にブルパップ式のプロトタイプ『RM277』を投入
リーサリティーを維持し、車輌搭乗や近接戦闘時の取り回しの良さを追求したマキシム『PDX』
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ銃器メーカー「H&K」社が売却。新オーナーは外国籍か (2019-11-11 13:58)
 ドイツ連邦警察がスウェーデンSpuhr社製MP5短機関銃用の銃床を3,000個追加購入 (2019-11-08 11:21)
 米軍SOCOM向け新型軽量中型機関銃(LWMMG)のPVをジェネラル・ダイナミクス社が公開 (2019-11-07 10:40)
 Textron社がアメリカ陸軍次世代分隊火器(NGSW)の候補を公開 (2019-11-07 10:20)
 ジェネラル・ダイナミクスOTSがM4/M249後継の次世代分隊火器にブルパップ式のプロトタイプ『RM277』を投入 (2019-11-01 15:20)
 リーサリティーを維持し、車輌搭乗や近接戦闘時の取り回しの良さを追求したマキシム『PDX』 (2019-11-01 14:16)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop