NEWS

ポラリス社、米特殊部隊に ATV × 2,000 輌超の独占供給へ

海外軍事 Comments(0)
米連邦事業機会 (Federal Business Opportunities) によると、特殊作戦軍 (USSOCOM: United States Special Operations Command) が Polaris Industries との間で、ATV (All-Terrain Vehicle: 全地形万能車) × 2,000 両超の供給契約を交わすとのこと。契約は競争入札ではなく、ポラリス社単独による供給契約 (sole source) が指定されている。

対象となるのは、軽量戦術用 ATV (LTATV: Light Tactical All-Terrain Vehicle) で、2人乗り用の MRZR-2 と、4 人乗り用の MRZR-4。台数は MRZR-2 が 300 両で、MRZR-4 が 1,750 両の計 2,050 両と見積もられており、この 6 月にも正式な契約が結ばれる見込み。

MRZR-2
* 88 hp 875 cc Polaris Prostar engine
* Optional Rearward-Facing Seating
* 60” / 152.4 cm vehicle height with tool-less collapsing roll-cage

MRZR-4
* 88 hp 875 cc Polaris Prostar engine
* Carry 1 or 2 litters longitudinally
* 60” / 152.4 cm vehicle height with tool-less collapsing roll-cage

USSOCOM では V-22 Osprey や MH-47 Chinook、MH-53 Pave Low の機体に収容して輸送がおこなえる車輌を求めている。オフロードヴィークル開発を得意とするポラリス社からは昨年、USSOCOM 向けに同社 MRZR と MV850 よりも大型化された「DAGOR」が発表されている。
参考:
ポラリス社、AUSA 2014 で特殊部隊用途のオフロード車両「Dagor」をローンチ

FBO 2015/03/23

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop