NEWS

サーマルサイトやナイトビジョンなど 890 億円超の米軍の先進装備品が eBay などで不正転売

海外軍事 Comments(0)
ネットメディアのインターセプト (The Intercept) は、米軍が使用する先進技術の粋を集めた装備品、額にして 7.5 億ドル (約 893 億円) 相当が、ネットオークションを通じて転売されていた実態を明かした。
これは、インターセプトが入手した海軍犯罪捜査局 (NCIS: Naval Criminal Investigative Service) とその内部機関、多角脅威警告センター (Multiple Threat Alert Center) の調査報告を情報ソースとするもの。

2014 年 3 月発行の「Diversion and Illegal Sales of Restricted USG Optical Systems」と題したこの調査報告では、ナイトビジョンゴーグルやサーマルサイトと言った、本来は軍当局により管理が厳しく制限されているはずの装備品 32,000 点が、eBay をはじめとしたネットオークションを通じて転売されている事態に警鐘を鳴らしている。
サーマルサイトやナイトビジョンなど 890 億円超の米軍の先進装備品が eBay などで不正転売
Photo: 1st MSOB Training VBSS / MARSOC
Image is for illustration purposes only.

国際武器取引規則 (ITAR: International Traffic in Arms Regulations) で米国外への持ち出しが規制されているこれら先進装備品について、管理当局である国務省をはじめ、国防総省や、連邦捜査局 (FBI) の他、海軍犯罪捜査局 (NCIS) などが目下その行方を追跡している。

ちなみに、本稿ソースのインターセプトは、「original, independent journalism」を信条とした報道ベンチャーで、その発行人はピエール・オミダイア (Perre Omidyar) 氏となっている。同氏は、上述にも登場しているインターネットオークション世界最大手 eBay 社の創設者・現会長職に就く人物でもある。

The Intercept 2015/03/26

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
DJI Mavic3カタログスペック解説 Cineモデルとの違いとは?
【ミリタリー雑学】Tan499とかCoyote Brown498って結局ナニ?
ドローンがウクライナ侵攻で果たす役割とは
アメリカがウクライナに10Km先のターゲットを狙えるUAVを供給か
ドイツ企業が新型の空挺装甲車の開発を開始
ロシアの2つの艦艇向け新型対空防御システム
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 DJI Mavic3カタログスペック解説 Cineモデルとの違いとは? (2022-06-07 14:29)
 【ミリタリー雑学】Tan499とかCoyote Brown498って結局ナニ? (2022-05-05 19:21)
 ドローンがウクライナ侵攻で果たす役割とは (2022-04-08 16:46)
 アメリカがウクライナに10Km先のターゲットを狙えるUAVを供給か (2022-03-26 13:10)
 ドイツ企業が新型の空挺装甲車の開発を開始 (2021-08-08 11:54)
 ロシアの2つの艦艇向け新型対空防御システム (2021-08-06 16:57)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop