NEWS

ロシア陸軍の新型戦闘車「アルマータ」の戦車型 (T-14) と重歩兵戦闘車型 (T-15) が引き渡し

海外軍事 Comments(0)
ロシア・トゥデイは 2 月 22 日、タス通信の報道を引用する形で、ロシア陸軍の新型戦闘車「アルマータ」(Armata) の戦車型 (T-14) と重歩兵戦闘車型 (T-15) の最初のバッチの製造が完了し、実地訓練のためにロシア陸軍に引き渡されたと報じた。
アルマータは 2009 年から UralVagonZavod 社で開発されている車輌で、モジュール式構造を採用し、主力戦車 (MBT) 型の T-14 をはじめ、重歩兵戦闘車型の T-15、他にも火力支援型、地雷処理戦車型、架橋戦車型といったヴァリエーションが予定されているという。またクルーが乗り込む部分は複合材によって個別に守られており、また操縦などはコンピューター化され、2人の搭乗員のみで運用でき、砲塔内は無人だともいわれている。

T-14 には 125 mm、ないしは 152 mm の滑腔砲が装備され、また 30 mm、12.5 mm 重機関銃やなども装備されるという。

計画では、2020 年までに、主力戦車や地雷処理戦車などのハードウェアのうち、約 70 % となる 2300 輌を、アルマータによって代替することを目指しているとされる。

今のところ、アルマータが初公開されるのは、今年 5 月 9 日の戦勝記念パレードの際になるのではないかといわれている。

Russia Today 2015/02/22
ArmedForcesUpdate 2015/03/29
Text: 鳥嶋真也 - FM201504

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用
米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始
USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約
B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得
米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け
ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用 (2019-04-19 20:12)
 米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始 (2019-04-16 19:10)
 USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約 (2019-04-15 16:48)
 B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得 (2019-04-10 13:30)
 米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け (2019-04-10 12:49)
 ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』 (2019-04-09 19:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop