NEWS

ロシア陸軍の新型戦闘車「アルマータ」の戦車型 (T-14) と重歩兵戦闘車型 (T-15) が引き渡し

海外軍事 Comments(0)
ロシア・トゥデイは 2 月 22 日、タス通信の報道を引用する形で、ロシア陸軍の新型戦闘車「アルマータ」(Armata) の戦車型 (T-14) と重歩兵戦闘車型 (T-15) の最初のバッチの製造が完了し、実地訓練のためにロシア陸軍に引き渡されたと報じた。
アルマータは 2009 年から UralVagonZavod 社で開発されている車輌で、モジュール式構造を採用し、主力戦車 (MBT) 型の T-14 をはじめ、重歩兵戦闘車型の T-15、他にも火力支援型、地雷処理戦車型、架橋戦車型といったヴァリエーションが予定されているという。またクルーが乗り込む部分は複合材によって個別に守られており、また操縦などはコンピューター化され、2人の搭乗員のみで運用でき、砲塔内は無人だともいわれている。

T-14 には 125 mm、ないしは 152 mm の滑腔砲が装備され、また 30 mm、12.5 mm 重機関銃やなども装備されるという。

計画では、2020 年までに、主力戦車や地雷処理戦車などのハードウェアのうち、約 70 % となる 2300 輌を、アルマータによって代替することを目指しているとされる。

今のところ、アルマータが初公開されるのは、今年 5 月 9 日の戦勝記念パレードの際になるのではないかといわれている。

Russia Today 2015/02/22
ArmedForcesUpdate 2015/03/29
Text: 鳥嶋真也 - FM201504

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop