NEWS

AMPV の配備完了は 2030 年以降に 一方の M113 は 70 歳の誕生日を迎える可能性

海外軍事 Comments(0)
Breaking Defense は 3 月 31 日、AMPV (Armored Multi-Purpose Vehicle) の配備が完了するのが 2030 年以降となり、M113 装甲兵員輸送車が 70 歳の誕生日を迎えることになるだろうと報じた。
AMPV は M113 の後継車輌で、BAE システムズ社が開発を行っている。現在の計画では、M113 を運用している旅団のうち、12 の旅団に関しては 2020 年代の終わりまでに交代が完了するものの、他で使われている 1,900 輌に関しては、時期がまだ未定であり、したがって M113 が 70 歳を超えてもなお運用が続けられるだろうとしている。

M113 は 1960 年に運用が開始され、ヴェトナム戦争などでも使われた経験を持つとされる。

また Defense News は同じ 3 月 31 日付けで、AMPV の救急車型が開発される可能性がなくなったと報じている。

M113 の後継車輌を巡っては、BAE システムズ社とジェネラル・ダイナミクス社が競った結果、BAE システムズ社の提案する AMPV が選ばれたという経緯があるが、この問題はまだ尾を引きそうな雰囲気を見せている。

Breaking Defense 2015/03/31
Defense News 2015/03/31
Text: 鳥嶋真也 - FM201504

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
光学照準器市場で初の「拡張現実(AR)感」を持った『メプロ・フォーサイト(Mepro Foresight)』
米海軍海上戦闘センター・クレーン局が『精密可変倍率スコープ(P-VPS)』最大3,000セットの取得を計画
インドがパキスタンに対抗し「ベレッタ」と「バレット」製の長距離スナイパーライフルを緊急調達
L3テクノロジーズ社の『地上全景暗視ゴーグル(GPNVG)』が「国際スパイ博物館」のイノベーション賞を獲得
ポーランド警察がスロベニア「アレックス社」製の新型ピストル『REX Zero 1 CP』×965挺を受領
アフリカ・ガーナの「カンタンカ・グループ」が『装甲強化外骨格』を展示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 光学照準器市場で初の「拡張現実(AR)感」を持った『メプロ・フォーサイト(Mepro Foresight)』 (2019-01-17 11:21)
 米海軍海上戦闘センター・クレーン局が『精密可変倍率スコープ(P-VPS)』最大3,000セットの取得を計画 (2019-01-16 12:48)
 インドがパキスタンに対抗し「ベレッタ」と「バレット」製の長距離スナイパーライフルを緊急調達 (2019-01-15 13:39)
 L3テクノロジーズ社の『地上全景暗視ゴーグル(GPNVG)』が「国際スパイ博物館」のイノベーション賞を獲得 (2019-01-11 17:51)
 ポーランド警察がスロベニア「アレックス社」製の新型ピストル『REX Zero 1 CP』×965挺を受領 (2019-01-10 16:15)
 アフリカ・ガーナの「カンタンカ・グループ」が『装甲強化外骨格』を展示 (2019-01-09 16:23)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop