NEWS

イラン陸軍、リモート・ウェポンステーションで武装した超軽量の装軌式戦闘車両を披露

海外軍事 Comments(0)
イラン陸軍、リモート・ウェポンステーションで武装した超軽量の装軌式戦闘車両を披露
イラン陸軍は、4 月 18 日からの陸軍記念日 (Iran's National Army Day) に先駆け、武装ロボットや装軌式の戦車、スナイパーライフル、戦闘車両など国産の新たな装備品 5 点をお披露目した。
国営 FARS 通信はその内の「Fallagh」と名付けられた超軽量の装軌式戦闘車両 (ULV: Ultra Light tracked Vehicle) の実動映像を紹介。

重量は 4 トンで、荒地を時速 100 キロメートル、砂利道では時速 130 キロメートルの速度で走ることが可能と言う。12.7mm 重機関銃を用いた遠隔式のウェポンステーションで武装、偵察や戦闘活動での運用が想定されていると言う。

この他、新装備品に関する写真がイラン軍関連の情報を専門に扱う FaceBook ファンコミュニティーで紹介されている。

The Iranian Army has unveiled new domestically-manufactured military equipment ahead of National Army Day.The military...

Posted by Iran Military on 2015年4月15日
Tasnim News 2015/04/15

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始 (2020-04-03 19:15)
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop