NEWS

「中国版OICW」ZH-05を人民解放軍海軍陸戦隊が導入開始

海外軍事 Comments(0)
「中国版OICW」ZH-05を人民解放軍海軍陸戦隊が導入開始
人民解放軍がZH-05戦略歩槍(自動小銃)の導入を開始したとFacebookにて公開した。画像では人民解放軍海軍陸戦隊と思われる部隊がZH-05を用いて訓練している。

ZH-05は5.8×42mmDBP87小銃弾と20mmエアバースト弾、レーザーレンジファインダーやビデオカメラなどを組み込んだ複合照準器を組み合わせたライフル。以前から一部部隊で実験が進んでいるのが目撃されており、中国版OICW(Objective Individual Combat Weapon:個人主体戦闘武器)と呼ばれていた。
複合照準器によるスマート化が特徴で、例えばエアバースト弾は相手のバリケードをちょうど飛び越えた位置で爆発するようプログラムされる。携行弾数が少なくなる分を効率化で補い、総合的な火力を増すのが基本的なコンセプトとなる。

また、訓練画像では、複合照準器のカメラで曲がり角の向こうを撮影し、ヘルメットマウントディスプレイで確認している様子も写っている。
西側のOICWについてはアメリカのXM29は開発中止、韓国のK11は一部導入されたものの不具合の報告が多数上がっている。ZH-05の実用性についても、今後の報告に注目していきたい。

Source: PLA Facebook Page
Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201504
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
シグ社が米鉄道警察での『P320』ピストル暴発の一件についてコメントを寄稿
ムキムキのボディービルダーが練習無しで、米陸軍の「体力試験(APFT)」に挑戦するとどうなるのか?
米陸軍が様々な手法で若者にアプローチし、2019会計年度における採用目標に到達する見込み
中国製ドローンを禁止していたはずの米軍が、海空軍の特殊部隊で依然として購入
B.E. Meyersが米国防総省向けの特定変種『MAWL-X1』の追加を発表
インド企業『SSSディフェンス』が国産の軍特殊部隊用スナイパーライフル『バイパー』『セイバー』を開発
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 シグ社が米鉄道警察での『P320』ピストル暴発の一件についてコメントを寄稿 (2019-09-19 11:04)
 ムキムキのボディービルダーが練習無しで、米陸軍の「体力試験(APFT)」に挑戦するとどうなるのか? (2019-09-18 18:07)
 米陸軍が様々な手法で若者にアプローチし、2019会計年度における採用目標に到達する見込み (2019-09-18 17:24)
 中国製ドローンを禁止していたはずの米軍が、海空軍の特殊部隊で依然として購入 (2019-09-18 12:54)
 B.E. Meyersが米国防総省向けの特定変種『MAWL-X1』の追加を発表 (2019-09-18 11:04)
 インド企業『SSSディフェンス』が国産の軍特殊部隊用スナイパーライフル『バイパー』『セイバー』を開発 (2019-09-17 13:56)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop