NEWS

米海軍長官「F-35 は米海軍にとって最後の有人戦闘機になるだろう」= USNI News

海外軍事 Comments(0)
USNI News は 4 月 15 日、レイ・メイバス (Ray Mabus) 米海軍長官が、「F-35 は、米海軍が導入して運用する最後の有人戦闘機になるだろう」と発言したと報じた。

メイバス長官によると、今後は無人機、とりわけ自律型の機械が、幅広い分野において標準になるという。
メイバス長官はまた、無人武器システムを専門的に担う副次官補の役職を新しく設けたこと、また海中から海上、海上からの陸上兵器の運用にいたるまで、すべての無人戦闘を指揮する、新しい海軍参謀の役職「N-99」も設けたと発表したという。

米海軍長官「F-35 は米海軍にとって最後の有人戦闘機になるだろう」= USNI News
Photo: Public domain photograph from defenseimagery.mil.
米空軍と違い、海軍は現在、武装した無人機を運用していない。開発中のUCLASS (Unmanned Carrier-Launched Airborne Surveillance and Strike) が、その初の採用例となる予定だ。

米海軍では現在、F/A-18E/F スーパー・ホーネットを代替する機種として F/A-XX の検討を進めているが、海軍作戦部長 (CNO) の Jonathan Greenert 大将は今年はじめ、F/A-XX はオプションとして有人機になることもあるだろう発言している。

なお余談ではあるが、かつて 1950 年代に F-104 スターファイターが登場した際にも「最後の有人戦闘機」という文句が出回ったことがあるが、実際にはそうはならなかったという歴史がある。

USNI News 2015/04/15
Text: 鳥嶋真也 - FM201504

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用
米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用
米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査
僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究
ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給
米国防総省が非殺傷兵器としてレーザー光で生成する「しゃべる人魂」を開発中
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用 (2019-08-20 11:00)
 米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用 (2019-08-09 12:34)
 米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査 (2019-08-08 14:59)
 僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究 (2019-08-08 14:41)
 ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給 (2019-08-06 17:34)
 米国防総省が非殺傷兵器としてレーザー光で生成する「しゃべる人魂」を開発中 (2019-08-05 19:15)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop