NEWS

トルコ陸軍新型小銃「MPT-76」に標準装備予定の光学照準器

海外軍事 Comments(0)
トルコ陸軍新型小銃「MPT-76」に標準装備予定の光学照準器
IHS Jane's Defence Weekly によると、トルコのイスタンブールで 5 月 5 日から 8 日の会期で開催された第 12 回国際防衛産業フェア「IDEF 2015」の席で、トルコ軍が 7.62 mm 弾仕様の新型小銃「MKEK MPT-76」用に、AVCI 1-4x コンバットライフル スコープの採用を発表。開発を手掛ける 3E EOS (Elektro Optik Sistemler) 社が、軍の認証試験に向けて 200 セットの AVCI 1-4x スコープのオーダーを受けたことを明かしたとのこと。
2007 年、トルコの国営防衛メーカー MKEK (Makina ve Kimya Endüstrisi Kurumu) は、同国軍で採用される新型ライフルの開発に着手。翌 2008 年までに同社は、ドイツの HK416 アサルトライフルをベースとした 5.56mm 仕様の小銃「Mehmetçik-1」を製造。その後、数年を掛けて開発が進められていた。

関連記事:
HK416 をモディファイ、トルコ軍の新型小銃「Mehmetcik」が試験をパス

そして幾つかの弾薬口径についても見直しが進められる中、次期小銃用として 7.62x51 NATO 弾の採用が決定。2014 年 5 月、MKEK 社は陸軍へ 7.62x51mm MKEK MPT-76 自動小銃の第 1 陣をデリバリーしている。なお、ネーミングにある「MPT」はトルコ語で「Milli Piyade Tüfeği」から由来しており、「国家歩兵小銃」の意味となる。上記の開発経緯からも、MPT-76 はドイツ HK417 と外観および技術的にも類似していると言われている。

今回の AVCI 1-4x スコープ採用については、このトルコの新型小銃 MPT-76 の標準光学照準器となることが伝えられており、陸軍のトライアルを無事成功裏に収めた場合、20,000 挺分の受注が見込まれるとのこと。これは兵士 10 人に付き 1 つの割合で支給されることを意味すると言う。

IHS Jane's Defence Weekly 2015/05/10
About MKEK MPT-76 / World Guns

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
DJI Mavic3カタログスペック解説 Cineモデルとの違いとは?
【ミリタリー雑学】Tan499とかCoyote Brown498って結局ナニ?
ドローンがウクライナ侵攻で果たす役割とは
アメリカがウクライナに10Km先のターゲットを狙えるUAVを供給か
ドイツ企業が新型の空挺装甲車の開発を開始
ロシアの2つの艦艇向け新型対空防御システム
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 DJI Mavic3カタログスペック解説 Cineモデルとの違いとは? (2022-06-07 14:29)
 【ミリタリー雑学】Tan499とかCoyote Brown498って結局ナニ? (2022-05-05 19:21)
 ドローンがウクライナ侵攻で果たす役割とは (2022-04-08 16:46)
 アメリカがウクライナに10Km先のターゲットを狙えるUAVを供給か (2022-03-26 13:10)
 ドイツ企業が新型の空挺装甲車の開発を開始 (2021-08-08 11:54)
 ロシアの2つの艦艇向け新型対空防御システム (2021-08-06 16:57)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop