NEWS

フランス陸軍のスナイパーが競い合うシューティングチャレンジ映像

海外軍事 Comments(0)
6 月 15 日から 19 日に、フランス南部の中央高地 Larzac にある陸軍の CEITO (Centre dEntrainement de lInfanterie au Tir Operationnel) センターでおこなわれたシューティングチャレンジの模様が、フランス陸軍 (Armee de Terre) 公式 YouTube チャンネル上で公開された。3 年連続となる今開催では、陸軍の 11 の歩兵連隊から 12 グループのスナイパーが参加、日頃の鍛錬の成果を競っている。
コレーズ県ブリーヴ=ラ=ガイヤルドから参加した、第 126 歩兵連隊 (126e RI) のスナイパーグループがチャレンジでの最高スコアをマークした他、2 番手には第 92 歩兵連隊 (92e RI) が、3 番手に第 3 海兵歩兵連隊 (3e RIMa) が続く結果となっている。


映像では、フランス軍制式の .308 口径ライフルである FR F2 スナイパーライフルや .50BMG のボルトアクション対物ライフル FR 12.7 (PGM Hecate (ヘカート) 2) などが登場している。

Armee de Terre 2015/06/30
About CEITO / defense.ac-montpellier.fr
Hecate 2 / PGM Precision

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop