NEWS

ロシア、多用途ロボット・プラットフォームを開発。軍用の武装戦闘バージョンも展開予定

海外軍事 Comments(0)

URP-01G © opkrt.ru
ロシアで、戦場や北極圏、核・化学汚染された地域など、ヒトの立ち入りが難しい環境下で利用する多用途ロボット・プラットフォームの開発計画が進行中。

これは国営軍需企業 United Instrument Manufacturing Corporation (Rostec) 傘下の子会社である Systemprom Concern が手掛けるもので、URP-01G と名付けられている。

URP-01G は全長 3.5 メートル、全幅 2 メートル弱で、その重量は 7 トンに達する。およそ 2 トンのペイロードを持っており、最高速度毎時 40 キロメートルでの移動が可能。堅牢な造りによって、2 メートルの高さから落下しても操作を続けることができる。

Russia: Fearsome robot rolls into missile defense arsenal
陸軍ではこのロボット・プラットフォームを、重機関銃とグレネードランチャーで武装したものと、小型 UAV と共に偵察をおこなう 2 種類のバリエーション展開を図る予定。

関連記事:
ロシア遠隔操作ロボットによる市街地戦闘コンセプト映像

開発を手掛ける Systemprom Concern では、URP-01G を 2015 年末にも車両テストを始動させるとしている。

ドミトリー・ロゴージン露副首相によると、向こう 10 年におけるロシアの新たな武器計画の中で、ロボットの開発は最優先課題にあるとしている。

TASS 2015/07/30
RT 2015/08/02

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop