NEWS

第 3 海兵遠征軍による「海兵隊のような射撃方法」映像シリーズ第1弾が公開

海外軍事 Comments(0)
米海兵隊の第 3 海兵遠征軍 (3MEF: III Marine Expeditionary Force) による、M40 スナイパーライフルを使った狙撃解説を示す映像が公開された。

現役スカウト・スナイパー軍曹が解説する今回の映像では、射撃ポジションの確立から実射時のリコイルを吸収する基礎的な内容の他、M40A5 に取り付けられた Schmidt and Bender 製 PM II 3–12×50 スコープ (M8541 SSDS (Scout Sniper Day Scope) ) の各部紹介と風向きへの対応といった内容が収められている。

関連記事:
米海兵隊は何故、過去 14 年間で新しいスナイパーライフルを採用することが出来なかったのか
「海兵隊のような射撃方法」と名付けられたこの映像シリーズは、タイトルに「Part.1」とあることからも、その続編の公開が予想される。回を重ねる毎により深い内容が紹介される可能性もあり、今後の展開に期待が集まるところ。

III MEF Marines 2015/08/18

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用
米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始
USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約
B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得
米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け
ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用 (2019-04-19 20:12)
 米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始 (2019-04-16 19:10)
 USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約 (2019-04-15 16:48)
 B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得 (2019-04-10 13:30)
 米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け (2019-04-10 12:49)
 ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』 (2019-04-09 19:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop