NEWS

米海兵隊スナイパー、飛行中のヘリコプターの中から標的ドローンを撃墜

海外軍事 Comments(0)

Photo By: Cpl. Jeremy Fasci
Image is for illustration purposes only.
カリフォルニア州ポイントムグで、7 月 26 日から 8 月 7 日の会期で開催された、米国防総省最大の年次統合カウンター UAS (Unmanned Aircraft Systems) 技術展示「Black Dart 2015」の席で、海兵隊のスナイパーが、飛行するヘリコプターの中から小型無人機の狙撃に成功した。

これは、軍事情報サイト Breaking Defense が、統合航空ミサイル防衛組織 (JIAMDO: Joint Integrated Air and Missile Defense Organization) でプロジェクトを仕切る Ryan Leary 少佐の発言を紹介したことによるもので、「UH-1Y Huey ヘリコプターの機内から撃った」とされる。飛行状態の海兵隊スナイパーがライフルを使ってドローンを破壊したのはこれが初めての事例としている。

US Navy MH-60 Seahawk Helicopter Shoots Down "Flanker" Target Drone
ターゲットとなったのは、ウィングスパン 210 センチメートルほどの小型ドローン「Flanker」。本年度の Black Dart 演習に投入された無人機の中では最小クラスとされる。なお、当の海兵隊スナイパーがヒューイヘリコプターの中からどのように狙撃をおこなったのか、その詳細については言及されていない。


Breaking Defense 2015/08/27
About Black Dart Exercise

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
光学照準器市場で初の「拡張現実(AR)感」を持った『メプロ・フォーサイト(Mepro Foresight)』
米海軍海上戦闘センター・クレーン局が『精密可変倍率スコープ(P-VPS)』最大3,000セットの取得を計画
インドがパキスタンに対抗し「ベレッタ」と「バレット」製の長距離スナイパーライフルを緊急調達
L3テクノロジーズ社の『地上全景暗視ゴーグル(GPNVG)』が「国際スパイ博物館」のイノベーション賞を獲得
ポーランド警察がスロベニア「アレックス社」製の新型ピストル『REX Zero 1 CP』×965挺を受領
アフリカ・ガーナの「カンタンカ・グループ」が『装甲強化外骨格』を展示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 光学照準器市場で初の「拡張現実(AR)感」を持った『メプロ・フォーサイト(Mepro Foresight)』 (2019-01-17 11:21)
 米海軍海上戦闘センター・クレーン局が『精密可変倍率スコープ(P-VPS)』最大3,000セットの取得を計画 (2019-01-16 12:48)
 インドがパキスタンに対抗し「ベレッタ」と「バレット」製の長距離スナイパーライフルを緊急調達 (2019-01-15 13:39)
 L3テクノロジーズ社の『地上全景暗視ゴーグル(GPNVG)』が「国際スパイ博物館」のイノベーション賞を獲得 (2019-01-11 17:51)
 ポーランド警察がスロベニア「アレックス社」製の新型ピストル『REX Zero 1 CP』×965挺を受領 (2019-01-10 16:15)
 アフリカ・ガーナの「カンタンカ・グループ」が『装甲強化外骨格』を展示 (2019-01-09 16:23)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop