NEWS

英国の特殊部隊が IS・テロとの戦いに備え、3,700 億円超の装備拡充の為の追加予算を獲得

海外軍事 Comments(0)
トルコ・アンタルヤで 11 月 15 日から 16 日の会期で開催された G20 サミットから帰国した英国のデーヴィッド・キャメロン (David Cameron) 首相が、フランス・パリで発生した同時多発テロ事件を背景に、テロ対策を主軸とした新たな防衛支出計画の概要を示した。

計画の全体像自体は来週にも発表されるものの、焦点となっているのは IS (Islamic State, ISIL, ISIS, イスラム国) との戦い、テロ対策に当たる特殊部隊の装備拡充について。
追加割り当てされる予算の多くは、陸軍特殊部隊 SAS (Special Air Service, 特殊空挺部隊) や海兵隊 SBS (Special Boat Service, 海兵隊特殊舟艇部隊) に代表される特殊作戦部隊に充当される。

今後 5 年間において 20 億ポンド (=約 3,754 億円) の資金が、これら特殊部隊の能力向上に向けて投入予定とのこと。内訳としては、ヘリコプターや夜間作戦で必須のナイトビジョンゴーグル、無線・通信関連の他、防護装備などに費やされるとのことで、リクルート用には予定されていない模様。

上昇傾向となる防衛予算についてキャメロン首相は「無人機や戦闘機、サイバー分野での予算を優先的にする」とも語っている。

Daily Mail 2015/11/17

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』
カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論
ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用
コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注
米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ
「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』 (2018-11-15 12:50)
 カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論 (2018-11-13 13:50)
 ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用 (2018-11-12 15:42)
 コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注 (2018-11-12 14:17)
 米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ (2018-11-09 18:47)
 「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得 (2018-11-09 13:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop