NEWS

コロンビア初の 100% 国産ピストル「コルドヴァ (Cordova) 」

海外軍事 Comments(0)
コロンビア初の 100% 国産ピストル「コルドヴァ (Cordova) 」
南米・コロンビアで初めてとなる、100% 国産のピストル「コルドヴァ (Cordova) 」が、同国防省主催の防衛展示会「エキスポディフェンサ (Expodefensa) 2015」(会期:11 月 30 日~ 12 月 2 日) で展示された。

「インドゥミル (Indumil) 国営兵器廠」が展示したコルドヴァは、全体の 80% をポリマー製とした、装弾数 15 発の 9mm ピストルで、レール対応により拡張性が高められ、射手の利き腕を問わない完全アンビ仕様となっている。

首都ボゴタの武器・弾薬工場「ホセ・マリア・コルドヴァ将軍 (General José María Córdova) 」で製造されており、3 年に渡る歳月と 20 億コロンビア・ペソ (=約 7,800 万円) の調査予算が投じられている。

同工場は、イスラエルとの戦略的提携の下でガリル (Galil) ライフルやジェリコ (Jericho) ピストルといった製品のライセンス生産を手掛けている。その為、パテントの絡みから複雑な問題を抱える中で開発されている。
なお、ピストルや工場の名前にもなっているコルドヴァ将軍は、スペインからの独立を目指したラテンアメリカ戦争 (Latin American War of independence from Spain) の当時に、陸軍を率いた将軍で「アヤクーチョ (Ayacucho) の英雄」と呼ばれる人物。

コルドヴァ・ピストルは、同兵器廠における戦略的製品の中でも「旗艦商品」に成長させたいことから、同国を代表する軍の英雄に因んだ名が冠せられている。

Mindefensa Colombia official Twitter 2015/11/30
Indumil (Industria Militar Colombiana) / Kienyke.com 2014/03/10 (original)

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ポラリス製民間仕様のATVで180件以上の車輌火災、4名死亡・30名が負傷。軍用『MRZR』を懸念する声も
米陸軍が将来の戦闘ブーツに役立つ可能性を持つ「目新しい素材」の市場調査通知を発出
米海兵隊が新型「熱帯ブーツ」2種類・計14万足を契約。一方で2020年夏には新型「極寒ブーツ」も
米鉄道警察で『SIG P320』ピストルが暴発。交通局は即時廃止を決め「Glock17」へ急遽リプレイス
オランダがRevision製の新型戦闘ヘルメット「Batlskin Viper P6N」×48,800を購入
「FN F2000は世界最低で最も愛すべき自動小銃」著名YouTubeレビュアーが語る
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ポラリス製民間仕様のATVで180件以上の車輌火災、4名死亡・30名が負傷。軍用『MRZR』を懸念する声も (2019-09-13 12:10)
 米陸軍が将来の戦闘ブーツに役立つ可能性を持つ「目新しい素材」の市場調査通知を発出 (2019-09-12 19:39)
 米海兵隊が新型「熱帯ブーツ」2種類・計14万足を契約。一方で2020年夏には新型「極寒ブーツ」も (2019-09-12 16:02)
 米鉄道警察で『SIG P320』ピストルが暴発。交通局は即時廃止を決め「Glock17」へ急遽リプレイス (2019-09-12 11:45)
 オランダがRevision製の新型戦闘ヘルメット「Batlskin Viper P6N」×48,800を購入 (2019-09-11 12:30)
 「FN F2000は世界最低で最も愛すべき自動小銃」著名YouTubeレビュアーが語る (2019-09-11 11:28)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop