NEWS

ポルトガル、陸軍特殊部隊用に HK416A5 × 24 挺を追加購入

海外軍事 Comments(0)

Photo: Portuguese Army
Image is for illustration purposes only.
ポルトガルが陸軍の特殊部隊用に、ヘッケラー&コッホ社製の 5.56x45 mm アサルトライフル HK416A5 × 24 挺を追加購入した。

これは、2014 年末の第一陣 18 挺と、2015 年 2 月の第二陣 22 挺に続くもので、今回分での内訳は 14.5 インチのバレル長を持つものが 20 挺と、スナイパー向け 16.5 インチが 4 挺となっている。AN/PEQ-16A と、Aimpoint 製 Comp M4 の購入も含まれており、ポルトガルで H&K 製品の取り扱いをおこなっているデフマット (Defmat) 社を通じての手配となっている。

また、これとは別で同じく H&K 社製のセミオート式狙撃銃 G28 × 4 挺の購入契約も交わしている。

NATO 諸国をはじめとする各国特殊部隊での利用が進む HK416 だが、ポルトガルでは陸軍において不正規戦、対テロ作戦に従事する緊急対応旅団 (BrigRR: Rapid Reaction Brigade) 隷下で 2 個中隊から構成される CTOE (Centro de Tropas de Operações Especiais, = Special Operations Troops Centre) と、海洋警察の実動部隊 GAT (Grupo de Ações Táticas) で利用されている。

IHS Jane's 360 2015/12/14
Warriors Online Tactical Magazine 2015/10/24

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』
カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論
ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用
コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注
米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ
「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』 (2018-11-15 12:50)
 カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論 (2018-11-13 13:50)
 ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用 (2018-11-12 15:42)
 コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注 (2018-11-12 14:17)
 米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ (2018-11-09 18:47)
 「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得 (2018-11-09 13:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop