NEWS

ロシア軍の Mi-35M ガンシップがシリア領内で初めて確認

海外軍事 Comments(0)
ロシア・トゥデイ(ロシア政府が所有する実質上の国営メディア)が、シリアで空爆任務を行うロシア空軍機を紹介する動画を公開。この動画の中でそれまで確認されていなかったMi-35M武装ヘリが映っていると話題になった。

Mi-35M武装ヘリはMi-24武装ヘリの近代化改修モデルであり、通信能力・夜間攻撃能力などが改良されている。これまでMi-24武装ヘリによる基地周辺の警戒飛行やシリア政府軍の支援に掃射を行う姿が確認されているが、Mi-35M武装ヘリが確認されたのは今回が初めて明らかになった。空港から発進する爆撃機には夜間攻撃能力があるが、Mi-24武装ヘリには無いため、今回新たに投入されているMi-35M武装ヘリによる夜間作戦行動が行われても不思議ではないだろう。
現在ロシア連邦軍は、シリア ラタキア県のバーセル・アサド空港に基地を構え、Su-24・Su-25・Su-34による連日の激しい空爆を行っている。また空港には戦車や数々の防空システムを構えており、電子妨害システムを持ち込み欧米諸国への警戒心をむき出しにしている。空爆任務中のSu-24がトルコ空軍機に撃墜されたのを受け、S-400対空ミサイルを展開させるなど、シリアへの露骨な介入を全世界に見せつけている。

Ruptly TV 2015/12/11
Text: WT83 - FM201512

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ロシア中央精密機械建造研究所が『マカロフピストル』の後継候補を開発。軍供給の可否は12月以降に決定
アフリカ・ガーナ大統領が陸軍用にトヨタ製ランドクルーザー×135輌の購入を発表
インド州政府がトヨタ製「ランクル」など400輌超購入を承認。州首相・閣僚・議員・官僚へ支給
ドイツ警察のSIG MCX用弾薬に有害な「鉛化合物ガス」が基準を超えて発生。射撃訓練を見合わせの事態に
アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ロシア中央精密機械建造研究所が『マカロフピストル』の後継候補を開発。軍供給の可否は12月以降に決定 (2018-10-23 12:57)
 アフリカ・ガーナ大統領が陸軍用にトヨタ製ランドクルーザー×135輌の購入を発表 (2018-10-22 17:26)
 インド州政府がトヨタ製「ランクル」など400輌超購入を承認。州首相・閣僚・議員・官僚へ支給 (2018-10-22 16:40)
 ドイツ警察のSIG MCX用弾薬に有害な「鉛化合物ガス」が基準を超えて発生。射撃訓練を見合わせの事態に (2018-10-22 13:50)
 アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入 (2018-10-19 16:11)
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop