NEWS

USSOCOM が発行するウェブデジタルマガジン「Tip of the Spear」

海外軍事 Comments(0)
米特殊作戦軍 (USSOCOM: U.S. Special Operations Command) が発行するウェブデジタルマガジン「ティップ・オブ・ザ・スピア (Tip of the Spear) 」最新号が 12 月 30 日に公開された。

Tip of the Spear は、米軍が誇る陸・海・空・海兵の精鋭兵士らの活動について、写真と共に詳細な解説 (英文のみ) の掲載された資料価値のある、特殊部隊ファン必見のコンテンツ。そのバックナンバーは、米第 3 軍が運用しているインターネット・メディア「DVIDS」で掲載中。

NATO Special Operations Forces (SOF) in Exercise Trident Juncture 2015
今号のハイライトは、昨年 10 月から 11 月に掛けて開催された NATO 軍事演習「トライデント・ジャンクチュア (Trident Juncture) 2015 」を筆頭に、女性兵士への門戸開放で話題を集めた件などが収録されている。

Trident Juncture 2015 には、30 以上の同盟・パートナー諸国から集まった 36,000 名の勢力が参加。10 ヶ国から 1,000 名以上の特殊部隊員が参加しており、スペイン、ポルトガル、米国、オランダ、チェコが主導する 5 つのタスクフォースが構成され、陸海空に渡って展開している。

Tip of the Spear / USSOCOM DVIDS 2015/12/30
Trident Juncture 2015 / NATO

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop