米ケーブルチャンネル、海軍特殊部隊 最精鋭チームを題材とする戦争アクションドラマ「SIX」の製作を発表

映画・テレビ Comments(0)
米ケーブルテレビ局 A&E テレビジョン・ネットワークス 傘下の歴史エンタテインメント専門チャンネル「ヒストリー」が、戦争アクションドラマ「シックス (SIX) 」の製作発注をおこなった。

題材となるのは、名前からも推測が付く通り、米海軍特殊部隊 SEAL の中で選りすぐりが集まるエリート部隊「SEAL Team Six (ST6, a.k.a. DevGru) 」。

米ケーブルチャンネル、海軍特殊部隊 最精鋭チームを題材とする戦争アクションドラマ「SIX」の製作を発表
Photo: Zero Dark Thirty / Jonathan Olley (c) 2012 CTMG. All rights reserved
関連記事:
「SEAL Team 6」秘匿の歴史とその全貌をニューヨークタイムズ紙が特集
A&E 社と HISTORY の最高責任者であるポール・ブッシエリ (Paul Buccieri) 氏は今回の発表に当たり、「アフリカで起きたボコ・ハラムによる痛ましい子供たちの誘拐事件の記事を読む中で作品作りを思い付いた」と述べている。

「ジャーヘッド」「キャスト・アウェイ」「アポロ 13」などの作品を手掛けた、オスカー賞ノミネート脚本家のウィリアム・ブロイルズ (William Broyles) と、その息子で米軍の特殊作戦に従事した経験を持つ退役軍人のデヴィッド・ブロイルズ (David Broyles) 氏が主導して企画に携わる。

また、SEAL 映画「ゼロ・ダーク・サーティ」「ローン・サバイバー」での出演実績のある退役 SEAL 隊員ミシェル・ハール (Mitchell Hall) 氏もシリーズのテクニカル・アドバイザーとしての参加が発表されている。

全 8 エピソードで構成され、現在進行形のリアルな作戦に触発された内容になるとのこと。

A&E Television Networks 2016/01/06

同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事画像
ナオミ・ハリス主演のクライム・アクションムービー『Black and Blue』のトレーラーが公開
ロシアNo.1ヒットの戦車アクション映画『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』が日本公開決定に
オーストラリアのベトナム戦争映画『Danger Close: The Battle of Long Tan』
シルヴェスター・スタローン主演、ランボーシリーズ最新作『Rambo V: Last Blood』ティーザートレーラー公開
シリーズ最新作『ターミネーター:ニュー・フェイト』海外版ティーザートレーラー&メイキング映像が公開
MARSOC新プロモーション映像の製作主要事業者にコロニアル・システムズ社が選定
同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事
 ナオミ・ハリス主演のクライム・アクションムービー『Black and Blue』のトレーラーが公開 (2019-06-26 11:57)
 ロシアNo.1ヒットの戦車アクション映画『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』が日本公開決定に (2019-06-14 17:26)
 オーストラリアのベトナム戦争映画『Danger Close: The Battle of Long Tan』 (2019-06-03 16:57)
 シルヴェスター・スタローン主演、ランボーシリーズ最新作『Rambo V: Last Blood』ティーザートレーラー公開 (2019-05-31 09:58)
 シリーズ最新作『ターミネーター:ニュー・フェイト』海外版ティーザートレーラー&メイキング映像が公開 (2019-05-24 09:40)
 MARSOC新プロモーション映像の製作主要事業者にコロニアル・システムズ社が選定 (2019-05-23 12:11)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop