NEWS

台湾が米海兵隊の使用済 AV-8B ハリアー戦闘機の購入を計画か。同国防部は反論

海外軍事 Comments(0)
「中国からの外圧にもかかわらず、米海兵隊で使用された AV-8B ハリアー戦闘機を台湾が購入するかもしれない」とした Defense News の 1 月 16 日付の一報について、台湾国防部が「そのような購入計画は無い」と反論している。
Defense News では、匿名の米国防総省関係筋の話として「台湾は、米海兵隊で F-35B 戦闘機へのリプレイスが始まる中で、修復を終えた AV-8 ハリアー戦闘機の購入機会を持つだろう」「ハリアー戦闘機は、米国防安全保障協力局の下、国防総省の余剰防衛装備品 (EDA: Excess Defense Articles) プログラムを通じて提供されるだろう」と掲載していた。

この件について、台湾ニュース「蘋果日報 (Apple Daily) 」が同国防部へ問い合わせたところ、「現在のところそのような購入計画は無い」と反論された由。

Defense News 2016/01/16
Apple Daily 2016/01/18

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
 インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結 (2020-03-24 18:13)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop