NEWS

Kalashnikov USA、イスラエル軍特殊部隊による開発協力の下「AK Alfa」を発表

海外軍事 Comments(0)
カラシニコフ型小火器の製造を手掛ける Kalashnikov USA が、ネバダ州ラスベガスで開催中の SHOT Show において「AK Alfa」を発表した。

関連記事:
カラシニコフ ブランド下の AK-47、初めて米国内で製造される可能性-対ロシア禁輸制裁が背景
AK Alfa は、AK の機関部 (engine) の上に設計されたもので、戦場で優れたパフォーマンスを示す事を最優先に掲げて開発されている。開発メンバーにはイスラエル国防軍の特殊部隊スナイパーをはじめとした一部の精鋭隊員と、お抱えのエンジニア集団が携わっている。

この事は、数々の優れた小銃関連製品を開発しているイスラエル企業 CAA との関係にも現れており、事実、同社の製品ガイドには AK Alfa の 7.62X39mm / 5.56X45mm 各仕様モデルが紹介されている。

AK Alfa ラインにおける最初の 2 モデルは、7.62x39mm 弾を使う AKL と AKS で、2016 年内での出荷が見込まれている。

レール対応による拡張性の高さは勿論のこと、セフティーレバーやマガジン・リリース、チャージングハンドルを利き腕の左右に関係無く変更できるなど、様々なカスタムが容易におこなえる。

また、折り畳み式ストックや、調整式のチークピース、取り換え式ピストルグリップなど、射手の体格やその好みに応じて道具無しに素早く変更できる点が特筆される。ピストルグリップ部分には、不意の電源不足にも対応できるよう、予備のバッテリーを挿入するスペースすら用意されており、実戦での経験が活かされたものとなっている。

CAA の製品ガイドによれば、定番のブラックの他、グリーン、カーキといったカラー展開がおこなわれるようだ。

Ammoland 2016/01/19
AK ALFA 7.62 / CAA
AK ALFA 5.56 / CAA

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
ナビスター・ディフェンスがトヨタ・ハイラックスなど特殊部隊向け市販改造車輌(PB-NSCV)のPVを公開
「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
 ナビスター・ディフェンスがトヨタ・ハイラックスなど特殊部隊向け市販改造車輌(PB-NSCV)のPVを公開 (2018-10-12 17:16)
 「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送 (2018-10-11 11:19)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop