NEWS

独メルケル首相、海軍精鋭フロッグマン (Kampfschwimmer) の壮観なデモンストレーションを視察

海外軍事 Comments(0)
1 月 19 日 (火) 午後、ドイツのアンゲラ・メルケル (Angela Merkel) 首相が、海軍の主要港の 1 つ、北部の都市キールを初めて訪問。その際の様子を収めた映像・写真が公開され、四眼ナイトビジョンゴーグル「GPNVG-18 (Ground Panoramic Night Vision Goggle) 」などを身に付けた精鋭フロッグマンらの姿が確認できた。

Bei einem Truppenbesuch in Kiel bewiesen Soldaten der Einsatzflottille 1 Bundeskanzlerin Angela Merkel ihre Leistungsfä...

Posted by Bundeswehr on 2016年1月20日
Bundeswehr 公式 FaceBook 以外にも、米国の写真画像代理店ゲッティイメージズには、別アングルからの写真が掲載されている。
Chancellor Merkel visits German Navy First Flotilla / gettyimages
この日、小型の艦艇に搭乗したメルケル首相は、水中無人機や精鋭フロッグマンによるダイナミック・デモンストレーションを視察。「ドイツ版 SEAL」こと水中専門の戦闘部隊 KSET (Kampfschwimmereinsatzteams) と KSM (Kampfschwimmer) のボートチーム SBT (Spezialoperationen Bootsteam) の精鋭隊員らが、高速艇を使った対処能力を披露している。KSM はドイツ軍特殊部隊において最古となる 57 年の運用実績を持つ。

現在ドイツ海軍は、シリアのダーイッシュ (IS, Islamic State, ISIS, ISIL) 掃討作戦に協力する為、多国籍軍に参加している。

NDR.de 2016/01/19

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
ナビスター・ディフェンスがトヨタ・ハイラックスなど特殊部隊向け市販改造車輌(PB-NSCV)のPVを公開
「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
 ナビスター・ディフェンスがトヨタ・ハイラックスなど特殊部隊向け市販改造車輌(PB-NSCV)のPVを公開 (2018-10-12 17:16)
 「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送 (2018-10-11 11:19)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop