NEWS

ロシアがアフガニスタンに 10,000 挺のカラシニコフ自動小銃とその弾薬数百万発分を提供

海外軍事 Comments(0)
ロシアから送られた 10,000 挺にも及ぶ大量のカラシニコフライフルと、その数百万発分の膨大な弾薬を詰め込んだコンテナが、大型輸送機と共にアフガニスタン カブールの空港に到着した。国内のテロとの戦いに投入される。

10 年近くに渡って繰り広げられたアフガニスタン紛争から 27 年。2 月は、ソヴィエト連邦軍の部隊が撤退した月でもある。

関連記事:
米陸軍の 5,000 トンに及ぶ弾薬類がドイツに到着。単一の欧州行き発送としては過去 10 年で最大規模
アフガニスタンの国家安全保障アドバイザーを務めるムハンマド・ハニーフ・アトマル (Mohammad Hanif Atmar) 氏は記者団に対して「この重要な寄贈は、アフガニスタンにとって正念場の時期に、重要な友人から頂いたものだ」と述べている。

ロシアによるアフガニスタンへの直接的な軍事援助は 2001 年のタリバン政権崩壊以来で初めて。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop