NEWS

自由シリア軍 (FSA) 「戦車ハンター」による対戦車ミサイルを使った T-90 戦車への攻撃映像

海外軍事 Comments(0)
自由シリア軍 (FSA) 「戦車ハンター」による対戦車ミサイルを使った T-90 戦車への攻撃映像
戦時映像の投稿コミュニティに、シリアでおこなわれた「戦車狩り」映像が投稿された。
映像は、シリアの反政府武装組織、自由シリア軍 (FSA: Free Syrian Army) の「戦車ハンター」が対戦車ミサイルを使って政府軍の戦車を攻撃したとされるもの。カメラの望遠レンズが、ロシア製第三世代主力戦車「T-90」と思われる戦車の姿を捉えている。

FSA の戦車ハンターが撃ち放った TOW (Tube-launched, Optically-tracked, Wireless-guided) ミサイルが、赤い噴射炎と共に戦車の砲塔前面をクリーンヒット。ハッチを開けて車体から逃げ出す兵士の姿がはっきりと確認できる。
シリアは、2011 年 3 月に起きた大規模な反政府デモに端を発し、政府軍からの離反者を指導者とする自由シリア軍を主軸に反体制派との間で、事実上の「内戦」状態となった。その後、ダーイッシュ (ISIL) による勢力拡大、ヌスラ戦線とクルド人勢力の間での衝突など、幾つかの武装組織が次々と介入し、包括的な「騒乱」による激しい戦禍の中で混迷を極めている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始 (2020-04-03 19:15)
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop