NEWS

ベレッタの 4 つのホールディング・カンパニーを紹介するトレーラーが公開

海外軍事 Comments(0)
ベレッタの 4 つのホールディング・カンパニーを紹介するトレーラーが公開
ベレッタ・ディフェンス・テクノロジーズ (Beretta Defense Technologies) は、戦略的提携となっているベレッタの 4 つのホールディング・カンパニーを紹介するトレーラーを公開した。
中核を担うベレッタ社は、誰もが知る小火器メーカー。その歴史は世界最古であるだけでなく、世界最大の小銃メーカーとして君臨し、各国の防衛関連組織や法執行機関に向けて製品を供給している。

ベネリ (Benelli) 社は、タクティカル・セミオートライフルやポンプアクション式のショットガン開発で知られている。

サコ― (Sako) 社は、スナイパーライフルの世界的なパイオニア企業として知られるだけでなく、高品質の弾丸供給でもある。

シュタイナー (Steiner) 社は、ドイツを代表する軍用双眼鏡、ライフルスコープメーカー。2008 年に Beretta グループ 傘下となり、2012 年に Laser Devices, Inc. を買収し、現在は米国製光学オプティクス企業としての顔も持つ。

Steiner Optics 2016/03/01

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始 (2020-04-03 19:15)
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop