NEWS

SAIC、米海兵隊に水陸両用強襲車輌の生存性向上モデル「AAV SU」第一陣 10 輌をデリバリー

海外軍事 Comments(0)
バージニア州マクリーンに本拠を持つ SAIC (Science Applications International Corp.) は去る 3 月 4 日に、同州クワンティコの海兵隊基地に向けて水陸両用強襲車輌の生存性向上モデル AAV SU (Assault Amphibious Vehicle Survivability Upgrade) の第一陣となる 10 輌のデリバリーをおこなった。

関連記事:
新型水陸両用車の調達に動く米海兵隊
SAIC、米海兵隊に水陸両用強襲車輌の生存性向上モデル「AAV SU」第一陣 10 輌をデリバリー

Last week, Science Applications International Corporation unveiled the first of 10 Assault Amphibious Vehicles with the...

U.S. Marine Corpsさんの投稿 2016年2月4日

AAV-SU は、技術生産開発 (EMD: Engineering and Manufacturing Development) 段階を通じて、陳腐化した AAV-P7 に代わって改修されたもので、デマー社 (Demmer Corp.) をはじめ 9 社が協力。アップグレードアーマー、オートモーティブ、サスペンション、衝撃軽減シート、内張り装甲 (spall liner) や外部燃料タンクを有している。

海兵隊の PEO (Program Executive Officer) ランドシステムズによる 12 ヶ月に渡る広範な試験がおこなわれた後、2019 年に運用部隊へデリバリーとなり、その後 2023 年までに完全作戦運用能力 (FOC: Full operational capability) の獲得を目指している。


SAIC 2016/03/11

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始 (2020-04-03 19:15)
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop